ピーカンな晴天

ピーカン

生活をしていく上で「この言葉の意味は何だろう?」と不思議に思ったことはありませんか。ピーカンという言葉もキッチリ説明できるようで、正しく説明しにくい専門用語のひとつです。今回はピーカンの名前の由来や、正しい例文についていま一度おさらいしていきましょう。

ピーカンの意味とは

ピーカンとは雨雲ひとつなく良く晴れた、澄みきった青空のことを示しています。特に映画業界などでよく使われる言葉で、太陽の光がまぶしい撮影日よりを指しています。朝目覚めてカーテンを開けたときに、どこまでも続く青空が見えると自然に気持ちが上がっていくものです。ピーカンには心を穏やかにする働きもあります。

ピーカンの由来

快晴を意味するピーカンには、映画やドラマの撮影をしているときに「ピントの調整が完璧ではなくても、そこそこ良いショットが撮影できる」という意味から生まれた言葉です。よく晴れた空のもとでは、どんなショットも小気味よく決まるもの。監督をはじめとした撮影陣を喜ばせたのがピーカンという言葉なのです。

ピーカンの文章・例文

例文1.こんな良いピーカンは見たことが無いな
例文2.絶好のピーカン日より、今日も頑張っていきましょう
例文3.社長が晴れ男なので、社内のイベントはいつもピーカンです
例文4.引っ越しの日は朝からピーカンだった
例文5.ピーカンのため、撮影時間を短縮できそうです
爽やかな青空を感じることができるピーカンの日、何をやっても上手くいきそうな勇気と元気を与えてくれる一日です。

ピーカンの類義語

ピーカンの似た言葉として、「五月晴れ」「快晴」「日本晴れ」「好天」などのワードがあります。

ピーカンまとめ

ピーカンは屋外の撮影をおこなう映画クルーたちから、生まれた言葉です。カメラのピントを完璧にコントロールしなくても、良い絵が撮れる…という意味から生まれたといわれています。雲ひとつない爽やかな青空に出会えると、気持ちまでもルンルン弾んできます。仕事も家事もスムーズにおこなえそうな、弾んだ気持ちになれますね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事