ビーガンな生活を送る

ビーガン(vegan)

健康的な生活を送る欧米の一部の人々の間では、ビーガンなる食生活が以前から注目を集めていました。日本でも健康雑誌などで紹介される事もありますが、芸能人や一部セレブ、或いはモデルを目指す様な人の為やベジタリアンと同じと捉えている人も多いはずです。そこで、ビーガンを正確に理解してもらえるように、丁寧に解説をしていきます。

ビーガンの意味とは

ビーガン(vegan)とは、ヴィーガンとも呼ばれる”絶対菜食主義”の食生活であり、乳製品や卵ですら食べる事はありません。要するに、完全に野菜のみを食べるだけとなります。これが”ヴィーガニズム(veganism)”で、略してビーガンやヴィーガンと呼ばれています。ベジタリアンとの違いは肉や魚を食べない共通点はありますが、ビーガンはさらに厳しく動物製品は全て口にしません。よって、先ほどの乳製品や卵に加えてはちみつ、白砂糖、お酒なども特定の種類だけとする場合があります。

ビーガンの由来

1944年にイギリスのドナルド・ワトソン氏によって、提唱されたのがビーガンです。「酪農製品を食べない菜食主義者」の存在などを主張する為、ビーガン協会も作られました。それ以前に登場したベジタリアンは、古代インドや古代ギリシアまでの歴史を擁しているので、ビーガンの歴史は浅いとも捉えられます。その後はあまり普及していなかったビーガンですが、2010年代になるとインターネットの力や健康への関心高まり、一部欧米セレブが実践した事なので、瞬く間に広まり人気を獲得しつつあります。それでも、現在は欧米各国では人口の数パーセントがビーガン実践者と言われているので、完全に実行するのは抵抗がある人も多いようです。

ビーガンの文章・例文

例文1.完全なビーガン主義者より、健康の為に定期的に行う人が多い
例文2.ビーガンでは食べ物だけでなく、毛皮禁止など洋服にも条件がある場合もある
例文3.ビーガンは動物愛護精神が根底にある
例文4.ビーガンの母親が赤子に栄養不十分として逮捕された事件もある
例文5.栄養バランスや長生き出来ないと危惧されるのがビーガンなので、そのバランスや課題もある
健康に良いとされるので、日本でも若い女性などを中心に広まってはいるが、肉や魚などたんぱく質を極端に減らすのは、危険視されているのも事実であり、よってそのような例文が多くネット上でも発見できます。

ビーガンの類義語

ビーガンの類義語には、「ベジタリアン」「ラクト・ベジタリアン」「ロービーガン」などの言葉が挙げられます。

ビーガンまとめ

野菜しか食べないベジタリアンをさらに極端にして、卵や牛乳など乳製品も禁止にしたのがビーガンです。日本よりは欧米などで人気ですが、現実的には健康問題も危惧されています。しかし、最近はビーガン料理の専門店など、若い女性などを中心にして世界的にも高まりつつある食生活となっています。その背景には、動物を殺して食べる事への抵抗、地球環境への配慮などもあるので、ビーガンは今後は更に拡大していくと思われています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事