ビジュアルヒエラルキー

WEBサイトの発展に伴い、日々大量の情報が溢れかえるようになりました。その中で何を伝えたいのかをハッキリさせておかないとユーザーは迷ってしまいます。
最近では、UIUXという単語もよく使われたり、デザイナーの間でも意識されるようになりました。その中で、最近聞かれるようになった「ビジュアルヒエラルキー」という概念いついてご紹介していきます。

ビジュアルヒエラルキーの意味とは

ビジュアルヒエラルキーという単語を理解するにあたって、単語を分解してみると、ビジュアル(視覚)とヒエラルキー(階層)に分ける事が出来ます。つまり、そのまま訳すのであれば視覚による階層構造という事になります。具体的には、ユーザーが見るコンテンツの中で相対的に何が大切なのかをハッキリさせてどのようにサイトを回遊すれば良いのかを分かりやすく示したデザインの事を言います。
例えば、WEBサイトの左により大切なものを置いて順番に右にいくにしたがって重要度が落ちていくという具合にコンテンツを載せる事などを指します。

ビジュアルヒエラルキーの由来

ヒエラルキーとは階層という意味ですが、ピラミッドをイメージすると分かりやすいです。上にいくほど先端が尖り目立つようになっており、順番を示しています。
同じようにコンテンツ同士の優劣をつけて相対的に何が大切かを示すものが視覚による階層、ビジュアルヒエラルキーという事になります。

ビジュアルヒエラルキーの文章・例文

例文1.ビジュアルヒエラルキーを意識したWEBサイトなので、何が大切かが一目で分かりやすい
例文2.コンテンツの優劣をしっかりつけないとビジュアルヒエラルキーがつけられておらず、何が大切か分かりづらいサイトになってしまう<
例文3.ビジュアルヒエラルキーを意識してから相対的にどちらに優劣があるのかを意識するようになった
例文4.ビジュアルヒエラルキーを意識することで、ユーザーに何を伝えたいかをはっきりさせる事が出来る
例文5.最近のUXデザインでは、ビジュアルヒエラルキーを意識したものが多く何を伝えるのかをハッキリさせないとそもそも制作出来ない
ビジュアルヒエラルキーは何もWEBサイト上だけの話ではなく、何か資料を作る際にも利用できる観点です。それだけに制作側は何を伝えたいのかをハッキリと決めておく必要があります。

ビジュアルヒエラルキーの類義語

ビジュアルヒエラルキー類義語はありませんが、同時に意識される概念としてUXというものがあります。
これは、例えばWEBサイトをユーザーが触った際に「使いやすい」と感じたり、「色合いが鮮やか」と感じたりする体験の事を指します。
ビジュアルヒエラルキーも視覚によって何が伝えたいのかを示すための立派なUXデザインと言えます。

ビジュアルヒエラルキーまとめ

最後に述べたようにビジュアルヒエラルキーは何もWEBサイトに限った事ではなく、チラシ、提案資料、ノートの取り方に至るまでありとあらゆる事に関係する概念です。意識をするべきは「何が大切か」という事なので、その点だけ間違えなければ誰でも作ることが出来ます。

この記事を読んでいる人に人気の記事