パルクールを楽しむ

パルクール(parkour)

世界には様々なスポーツや競技があり、道具を使うもの使わないもの、場所を問わずできるもの様々です。無数にあるスポーツの一つで、道具を使わない、場所も問わない競技の一つにパルクールというスポーツがあります。日本でもメディアで取り上げられることが増えてきた競技ですが、このスポーツがどういう内容のものなのかを解説していきます。

パルクールの意味

パルクールというのは、壁や塀などの地形を活かして、登ったり飛び越えたりするアクロバット競技のことです。塀の上から飛び降りて回転しながら受け身を取るなどの高度な技術と身体能力が要求されるため、世界ではエクストリームスポーツとみなされることが多いです。そのアクロバット性からアクション映画で取り入れられることも多いようです。
一般的にはプロのパルクールチームが競技として、パルクール施設で練習していたりします。公共の場所では通行人の絵曰く行為等に当たることもあり、禁止されている地域もあるようです。

パルクールの由来

元々はフランスの軍事訓練の一環で行われていたもので、走る・跳ぶ・登るに動作の基本を置いた訓練でした。パルクールという名前になったのは、レイモン・ベルが自分の行なっていたトレーニングを息子に教える際に「ル・パルクール」というフランス語を伝えたことがきっかけと言われています。

パルクールの文章・例文

例文1.新しくパルクールを始めようと思っている
例文2.アクションの世界に憧れてパルクールの動画をよく観ている
例文3.パルクールは興味あるけど、怪我をしないかが不安だ
例文4.パルクールはまるで忍者のようだ
例文5.パルクールはフランスの軍事訓練からきているらしい
実際のパルクkーるの映像はYouTubeで配信されていたりするので、是非観てみてください。

パルクールの会話例

  • 質問者アイコン

    都内でパルクールができる施設を見つけて、見学に行ってきたんだよね!

  • 回答者アイコン

    パルクールってあの忍者みたいなことするやつ?
    なんか危なさそう。

  • 質問者アイコン

    まあ実際に骨折とかはよくあるらしいけど、それ以上に面白んだよ!

  • 回答者アイコン

    やるのはいいけど、出来るだけ怪我しないでね。

そのアクロバット性から、練習での怪我は多いらしいです。

パルクールの類義語

名前違いますが、パルクールと同じ概念の競技として、「フリーランニング」があります。

パルクールまとめ

その見た目の派手さから日本でも人口層が増加してきてる競技です。ただ、そのためには多少の危険性と身体強化のための訓練が課されるので、かなりの努力と勇気が試される競技のようです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事