パリピ

若者言葉というものは特に流行り廃りが多く、大人になると中々に知らないものがありますね。今回紹介するパリピという言葉は10代の若者のLINEなどで用いられる用語であり、これらの意味や例文などを紹介していきたいと思います。

パリピの意味とは

パリピの意味ですが、これはパーティーピープルの言葉を訳したものとなっています。英語表記だと「Party People」となります。パーティーを少しカッコつけて発音するとパーリィーというものになり、これを元にパリピという発音になっているそうです。意味合いとしてはパーティー気分でいる人や、テンション高めの性格などを指して言うこともあり、褒め言葉として最高だなというふうにも使われます。しかしこれは若者が発言する際に取られる意味合いであり、実際に大人がこの言葉を用いる際にはあまり良いイメージで取られないこともしばしばあります。最近だと渋谷などのハロウィンでの行動などがまさにパリピの意味合いとして例示されたりもしますが、実際に若者たちはパリピを良い意味合いで捉えており、大人などはこのようなやや無節操な行動などをパリピとして捉えて好ましくないとイメージをしています。

パリピの由来

パリピはカジュアルな言葉であり由来は諸説ありますが、日本では林真理子の1999年の著書『美女入門PART3』にパーティー・ピープルという言葉が使われています。最もパリピと圧縮された言葉として見られるようになったのは『月曜から夜ふかし』という番組内での企画に登場したイルマニアというグループからとも言われています。この辺りからカジュアルな感じでパーリーピーポーという発音になり、やがて若者のスラング的な発展によりパリピと圧縮されていきました。

パリピの文章・例文

例文1.お前パリピだな
例文2.夜はパリピなテンションで!
例文3.この曲マジパリピ
例文4.彼女がパリピでインスタ好きなんだよね
例文5.クリスマスは自宅系パリピで過ごします
このように若者の日常言葉として軽い感じで用いられることが多く、良い評価として使われることが多めです。

パリピの類義語

パリピの類義語としては「ウェイ系」というものがあり、この言葉もテンション高めの人が掛け声でウェイという発音をすることから用いられています。ウェイ系に関してはややウザい系の意味合いなども含んでおり、多少違えどもどちらもテンション高めの性格を刺す言葉として若者に用いられています。

パリピまとめ

このようにパリピという言葉は10代若者などでよく用いられ、LINEなどのコミュニケーションなどでも使われる良い評価を示すものとなっています。大人などがパリピという言葉に抱くイメージとしてはやや悪い印象があるのも対照的ですね。最近だとパリピ世代というジェネレーションを表した言葉としても用いられることもあり、若者文化を示す言葉として研究などでも注目されているのがパリピなのです。

この記事を読んでいる人に人気の記事