パラリンピックで活躍する選手

パラリンピック(Paralympic)

もう一つのオリンピックとして知られているパラリンピック、最近活躍されている選手も増え、メディアに取り上げられたり番組に出演したりとして少しずつ応援する人も増えているかと思います。そのパラリンピックの名前の由来や競技など詳しく言えるという人は結構少ないのではないでしょうか。これからパラリンピックについて解説していきます。

パラリンピックの意味

4年に一度オリンピックの開催地で行われる、国際パラリンピック委員会(IPC)が主催する身体生姜者の国際スポーツ大会を意味しています。
「アーチェリー」「ウィルチェアラグビー」「車椅子バスケ」「車椅子フェンシング」「車椅子テニス」「ゴールボール」「視覚障害者5人制サッカー」「脳性麻痺7人制サッカー」「シッティングバレーボール」「自転車競技」など他にも様々な競技があります。

パラリンピックの由来

1948年オリンピックの開催と同日に病院で行われた、戦争で負傷した兵士のリハビリテーションとして「手術よりスポーツを」という理念から始まったとされています。
「paraplegia(下半身不随)」とOlympic (オリンピック)」からできた造語でしたが、「Paralympics(パラリンピックス)」とIOCが名乗ることを同意した1985年以降は、半身不随以外の身体障害者も参加するため、「parallel(平行)」と解釈されもう一つのオリンピックと言われるようになりました。

パラリンピックの文章・例文

例文1.私は前回パラリンピックの試合を見て感動しそれからずっと応援している選手がいる
例文2.オリンピックの応援で燃え尽きてパラリンピックまで気力が続かない
例文3.パラリンピックがあるから障害を持って生まれても夢も持って頑張れる
例文4.パラリンピックは知名度はあるけどオリンピックほど盛り上がっているイメージはない
例文5.障害を持って生まれた息子はパラリンピックの選手になりたいと夢を持って頑張っている
パラリンピックを使った例文はこのようになります。

パラリンピックの会話例

  • 質問者アイコン

    もうすぐオリンピックとパラリンピックが始まるね!

  • 回答者アイコン

    そうだね、オリンピックの前にやればもう少しパラリンピックも応援する人増えると思うんだけどなぁ。

  • 質問者アイコン

    確かに、オリンピックが終わるともう大会全部終わった気分になるよな。

  • 回答者アイコン

    今年はテレビに出てる人多かったから興味あるんだよね、頑張って見ようかな。

パラリンピックへの期待は年々増しておりテレビの番組でも登場することが以前より増えてきています。

パラリンピックの類義語

類義語には「オリンピック」があげられます。

パラリンピックまとめ

外傷や病気が原因の身体的な障害だけでなく、視覚障害などを持った方もパラリンピックに出場することができます。傷を負った軍人の社会復帰を目的としていたこともあり昔は福祉的に捉えられていましたが、現在ではオリンピックと変わらない競技スポーツとして注目されてきています。競技数や選手も多く盛り上がる大会ですのでオリンピックが終わった後もパラリンピックに出場している選手を応援をしてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事