パパ活で愛人を探す

パパ活

10代や20代のある特定の女性達にとって、重要な意味をなす言葉が「パパ活」です。最近は風俗用語や援助交際用語という括りで紹介される言葉の一つで、異論反論もあるでしょうが、当事者以外にとっては大きな違いはありません。場合によっては、同名のテレビドラマ「パパ活」や、パパとなりえる年代に達した男性が趣味などに没頭する事と勘違いをされている場合もありますが、今回は今話題の「パパ活」について、詳しく解説させていただきます。

パパ活の意味とは

主に10代や20代の(未婚)女性が、経済的な支援や援助を求めてくれる男性を探す行為や行動、又は完全なる性関係を伴い見返りとして金銭的な支援を受ける事を「パパ活」(ぱぱかつ)と言います。パパ的な男性をを探す活動を略した、風俗や援助交際用語となります。SNSなどで検索をすると、パパ活を求める女性や支援する男性が多く、それが現在の社会問題や時には事件に発展する恐れもあり、危惧されています。
女性としては、風俗店などで働くよりも気軽で自由、男性としても素人と遊べることで、双方にメリットがあるのでここまで広がったとされています。最近は、男女が逆転する「ママ活」なる言葉も登場し、「パパ活」同様に話題だけでなく社会問題となっています。さらに、低年齢化も当然起こっていて、未成年や女子高生がパパを実際に探すのも、都心部などでは横行しています。「パパ活」がここまで広がった背景には、若い男女の恋愛に対する無関心や草食化、楽してお金を稼ぎたい、同年代男性は経済状況が苦しい、女性本人も生活が苦しいなどが密接に絡んでいます。それと、年の差結婚が流行るようになり、その流れで年齢差が離れている男女ても、あまりおかしいように思われなくなったのも関係があります。

パパ活の由来

諸説ありますが「パパ活」という言葉は、2015年頃に登場し始め、その頃は交際クラブなど風俗業界の専門用語として、一般的な認知度は低かったものです。また、当時は「パパ活」を略して「P活」と呼ぶ場合も多く、風俗で働く人や遊ぶ男性のみが使っている程度でした。それが数年もしないで、SNSで若い女性たちが簡単な小遣い稼ぎや、援助交際の発展形として気軽に利用されるようになり爆発的に広まり、現在に至っています。

パパ活の文章・例文

例文1.パパ活で大金を稼ぐ未成年が続出しているのも事実だ
例文2.まったく大人の関係がなく、食事だけのパパ活もある
例文3.SNSの普及がパパ活を広がった最大の要因だ
例文4.パパ活で稼げると、働く気が失せてしまう
例文5.30代女性でも、パパ活をする人もいるようだ
風俗用語なので実際に使う時は、前後の脈絡がなくても「パパ活」という言葉を用いる事が多いです。普通の人はあまり使う機会も少ないですが、意味は正しく理解しないと誤解をされるおそれがあります。

パパ活の類義語

「パパ活」の類義語には、「ママ活」「恋活」「婚活」「愛人」「パシタ」などの言葉が挙げられます。

パパ活まとめ

若い女性がSNSなどを使って、気軽に小遣いや食事などを援助してくれる男性を探す活動や行為を「パパ活」と言います。大半は一時的な遊びや金銭目的ですが、中には非正規など薄給で生活が本当に苦しい女性もいるので、経済格差や不景気がもたらした弊害であるのも事実です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事