バリュー投資

比較的にサラリーマンや兼業トレーダーなど、短期取引を繰り返す時間がない投資家が株取引において好む手法が、バリュー投資です。割安株を購入し、長期間保有する事で大きな利益を目論む方法です。現実は、必ずしも成功する訳ではないですが、日経平均や為替が上昇する際に上手く買う事ができれば、その流れに個別銘柄も乗る事で数年後に利益が大きくなっています。

バリュー投資の意味とは

バリュー(value)には価値・値打ちなどの意味があり、ここでは割安株を購入するのがバリュー投資となります。割安株の概念は条件次第ですが、数年程度も低迷しているならそろそろ反発するのでは、と予想する事もできます。
また、バリュー投資とされる事もありますが、厳密には成長株とされる将来的に大きく飛躍する産業や企業の銘柄を購入するのが「グロース投資」、勢いがあり値動きが激しい銘柄の短期取引が「モメンタム投資」となります。
良く言われるのは、ヤフーやセブンイレブン、或いはトヨタなど日本を代表する企業の株を上場後に購入し、何年間も長期保有していたら、極僅かの購入でも億万長者になり得たというものです。実際はある程度値上がりしたら、利益確定で決済するものですが、大きな夢を見させてくれるのがバリュー投資の醍醐味です。
バリュー投資は現物購入で、後は放っておくだけなので誰でもできますが、その多くは塩漬け状態となり、売ると損をするので何もできない現実もあります。また、大きく成長する企業がある一方で、倒産とは言わなくても株価が低迷する企業も多く、また最近は世界経済が上がらないと、日経平均や個別銘柄も上がらないのでリスクも認識すべきです。

バリュー投資の由来

バリュー投資を世に知れ渡らせたのが、アメリカの経済学者であるベンジャミン・グレアム氏です。今では”バリュー投資の父”と呼ばれ、多くの投資家から尊敬される存在です。現在、最も有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏に、投資を伝授した存在と説明すると、その偉大さも納得するでしょう。

バリュー投資の文章・例文

例文1.バリュー投資で将来的な成功を目指す
例文2.バリュー投資も必ずしも成功する訳ではない
例文3.正しい相場観でバリュー投資に挑むべき
例文4.バリュー投資は長期投資である
例文5.割安株を購入するのがバリュー投資である
他の投資と比較して、長期的な展望から安定的に儲けられると人気が高いのがバリュー投資です。日本でも数多くの書籍が発売され、またブログなどでも手法を説明するものが多くあります。全体として好意的に扱われていますが、投資は自己責任という事実を忘れてはいけません。

バリュー投資の類義語

バリュー投資の類義語には、「バリュー型投信」「割安株投信」などの言葉が挙げられます。

バリュー投資まとめ

長期的な手法として、多くの投資家から支持されているのがバリュー投資です。割安株や成長株が数年ないし10年後などには、大きく値上がりしていた場合は、初期投資が少額でも大きな利益となって還元されます。
期待が大きいバリュー投資ですが、実際に行うと難しい面もあり、特に大きく値下がりした際には精神面で参ってしまうのも事実です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事