バックパッカーで外国に行く

バックパッカー(back packer)

旅行が好きな人、外国に興味を持っている人はたくさんいると思いますが、それをどういう風に楽しむかというのは様々ですね。単純に旅行として楽しむのもアリですし、語学留学やワーキングホリデーとして楽しむのもアリでしょう。中にはバックパッカーを経験したことがある、経験してみたいという人もいるのではないでしょうか?そこで、この「バックパッカー」というものに関して再認識のために解説をしたいと思います。

バックパッカーの意味

バックパッカーとは、少ない予算で個人旅行することを指します。金額以外の一般的な旅行との違いとしては、旅行の期間が長いことや、高級なホテルを利用せずにユースホテルなどを活用すること、単純な観光だけでなく地元民触れ合うことが違うポイントではないでしょうか。

バックパッカーの由来

バックパッカーはバックパック(リュックサック)を背負って移動することが多いことから、この名前で呼ばれるようになりました。日本では略して「パッカー」や「バッパー」と呼ばれることもあるようです。

バックパッカーの文章・例文

例文1.バックパッカーで2年ほど海外を旅してみたいと思っている
例文2.バックパッカーをするために最適なバックパックを買おうと思っている
例文3.いずれはバックパッカーをしてみたい
例文4.バックパッカーをやって外国のことをもっと知りたい
例文5.私は20代のころにバックパッカーをしていた経験がある
バックパッカーは低コストでもできる分、実践しいる人は意外に多いです。これからやってみようと思っている人は経験者に話を聞いてみるのがいいかもしれませんね。

バックパッカーの会話例

  • 質問者アイコン

    来年から2年かけてヨーロッパーの方をバックパッカーとして回ってみようと思ってるんだ!

  • 回答者アイコン

    一大決心だね!
    なんでバックパッカーなの?

  • 質問者アイコン

    単純に予算が抑えられるのもあるけど、色々なものをみたり知ったりするためには時間をかけた方がいいと思ってね!

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。頑張ってね!

会話例のように、旅行としてではなく、見ることや知ることが目的であればバックパッカーは最適な手段かと思います。

バックパッカーの類義語

バックパッカーには近年になって新しい形態が生まれており、「フラッシュパッカー」や「フラッシュパッキング」と言われています。イメージとしてはバックパッカーよりもお金が使える旅行という印象ですね。

バックパッカーまとめ

以上がバックパッカーの解説になります。興味がある人はどういうところに行きたいか、そこに行くためにはどのくらいの費用がかかるのかなど調べてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事