バチェラーの男性に恋をする

バチェラー(bachelor)

「バチェラー」とは、世界的に有名な婚活サバイバル番組だと思ってしまいますよね。しかし、それも強ち間違いではなく、英語圏の人々にとっては独身男性を意味し、この番組が人気になるまではそこまで意識されたり話題を提供する言葉ではありませんでした。それどころか「未婚男性」なので、人によっては呼ばれる事に肩身が狭い思いをしたものです。それがこの番組の大ヒットによって、独身男性でもイケメンで社会的ステータスがあるならまったく恥じる事がなくなったどころか、世の女性達から人気が得られるようになったのです。

バチェラーの意味とは

「バチェラー」の意味は以下の通りとなります。
(1)独身男性、独身者。社会的ステータス高い独身者。
(2)既婚歴がない未婚独身者。独身貴族
(3)(日本の結婚適齢期女性の解釈なら)高収入でイケメンなハイスペック独身男性。
(4)大学卒業者の称号。学士。
「バチェラー」は上記4つの意味ですが、近年は婚活サバイバル番組「バチェラー」(日本タイトル:バチェラー・ジャパン)が大変人気となった事もあり、結婚できない寂しい独身者というよりも、憧れの対象としての独身者という向きに変わりつつあります。しかし、逆に言うとこれまでの寂しい独身者には相応しい言葉として「シングル」(single)などが使われています。因みに「バチェラー」にあたる女性を「バチェロレッテ」、彼女らが集まるパーティーを「バチェロレッテ・パーティー」と呼びます。アメリカやカナダなどではよく知られている言葉ですが、イギリスは「ヘン・パーティー」(hen party)と呼ばれています。若い女性にとっては、番組「バチェラー」ブームもあり、高学歴で年収高い医者や実業家で顔も整ったイケメンで体格も良い、このようなレベル高い独身男性に対し「バチェラー」と呼ぶ傾向です。単なる独身男性を「バチェラー」と憧れの対象にする事はありません。

バチェラーの由来

「バチェラー」の起源はラテン語の「農奴」とされ、それが14世紀になると「見習い騎士」、15世紀頃から大学関係を指し、近代に入ると「独身男性」にまで広がって使われるようになりました。日本で婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」が始まったのが2017年2月、それから人気に火が付き、現在はシーズン3が放映されています。

バチェラーの文章・例文

例文1.おしゃれなバチェラーを目指して、スポーツジムに通っているが、女性陣からはまったく声をかけられない。
例文2.番組のバチェラーを観た感想として、イケメンでないと独身者には価値がないと納得した。
例文3.バチェラーは独身男性、バチェロレッテは独身女性を指している。
例文4.女性同士の駆け引きでバチェラーを取り合うのは番組だけでなく、現実社会でも実は大なり小なりあるものだ。
例文5.同性から見てバチェラーのような男性に憧れるが、実際になったら女性トラブル続出で大変そうだ。

「バチェラー」は独身貴族、モテる独身男性という意味としての例文となります。

バチェラーの会話例

  • 質問者アイコン

    僕もなんとか、ギリギリでバチェラーの仲間入り出来ていると思わない?

  • 回答者アイコン

    えー、どの辺が? 私にはまったく分からない?

  • 質問者アイコン

    だって独身だし、最近はスポーツジムに通って筋トレしているし、宝くじも定期的に買っているから、当選したら億万長者だよ!

  • 回答者アイコン

    あなたはバチェラー何て気にしないで、ヴァーチャルの世界に浸って、アニメやゲームをしていればいいの。

「バチェラー」に憧れる男性の冗談をまったく相手にしない女性のダメ出しです。

バチェラーの類義語

「バチェラー」の類義語には、「一人者」「チョンガー」などの言葉が挙げられます。

バチェラーまとめ

「バチェラー」は独身男性を意味する言葉で、婚活サバイバル番組がタイトルとした事もあり、結婚を意識する女性を中心にして大変人気となっています。元々は、大学卒業者や独身男性を意味していましたが、最近では番組人気も相まって、高年収や高学歴に顔や体格など見た目もレベル高いハイスペック独身男性を指す言葉として定着しています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事