バみる(ばみる)

「バみる」とは「テレビ番組や舞台の裏方による作業で、出演者の立ち位置にテープで目印を付ける事」です。芸能やテレビ関係の世界はある種の独特の専門用語が氾濫し、有名なのはバブル時代ならではの逆さ言葉で寿司を「シースー」、銀座を「ザギン」、御飯を飯として「シーメー」などがあります。同様に舞台やセット製作など裏方でも専門用語が多く、「バみる」もそんな一つとなっています。

[adstext]
[ads]

バみるの意味とは

「バみる」の意味は以下の通りとなります。
(1)芸能や演劇用語で、テレビ撮影や舞台で出演者の立ち位置に目印を付ける事。
(2)舞台やテレビの現場で、裏方スタッフが出演者の立ち位置にビニールテープなどで×印を付けておき演技や収録を円滑に進める工夫をする事。
(3)「場見る」とも書き、「バミリ」「バビル」も同義。
「バみる」は「(その)場を見る」が省略され変化をしたテレビ業界やその裏方の専門用語です。テレビのバラエティ番組やニュース番組、或いは演劇などの舞台で、司会者や出演者に役者などがスムーズにベストポジションに立てるのは、裏方スタッフが事前に立ち位置をビニールテープやガムテープで印を付けているからです。これはドラマなどの小道具を置く場所も同様で、円滑に演技や撮影をする為の業界ならではの方法や習慣なのです。通常は番組制作なら若手のADなどが「バみる」をする事になり、単純に貼るとカメラなどで映ってしまうので見えにくいよう工夫もするそうです。また、出演者は事前に位置を確認し、本番では下にある「バみる」を見ないように注意をしています。

バみるの由来

「バみる」の由来は残念ながら正確には不明ですが、一説によると「場を見る」が有力視され、それが芸能や舞台業界の制作現場で専門用語として使われるようになったそうです。

バみるの文章・例文

例文1.ADのバみるが間違いで、上司であるディレクターがスタジオで説教をし始め、これがブラック企業パワハラなんだと恐怖した。
例文2.コロナ前はテレビ番組の観客を募集していたので、スタッフによるバみるの瞬間などを目撃する事ができた。
例文3.バラエティ番組ならバみるの場所で芸人が転ぶぐらいして笑わせるべきだ。
例文4.先輩から「バみるをやっておけ」と言われたが、他の作業をしていて思わず忘れてしまった。
例文5.バみる、ナグリなど演劇や舞台の業界用語は面白いものが多い。
舞台やテレビの裏方が行う「バみる」の例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

バみるの会話例

  • 質問者アイコン

    流石にベテラン司会者だから、安定の話術があるねこの人は。

  • 回答者アイコン

    もう20年ぐらい人気司会者の地位を確立しているわよね。きっと年収数億の億万長者よ。

  • 質問者アイコン

    でも、それもこれも裏方スタッフが縁の下で支えているからなんだよな。

  • 回答者アイコン

    それはどの番組も同じでしょう。司会者の立ち位置だってADとかがバみるから、いつも同じ場所に司会者がやってきて番組が始まれるんだから。

テレビ番組を観ている男女の無駄話となります。

バみるの類義語

「バみる」の類義語には、「立ち位置」「立場」などの言葉が挙げられます。

バみるまとめ

「バみる」はテレビ番組や舞台などで出演者の立ち位置にテープで目印を付ける事です。裏方となるスタッフの大事な作業で、立ち位置が決まるので役者や出演者は演技をして司会者は番組進行をする事ができます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事