株為替取引の手数料

ハンドリングチャージ

ハンドリングチャージは、あらゆる相場取引において、必ず聞くことになる言葉です。この言葉で表現されていなくても、同様のものが必ずあると考えていいでしょう。株取引や相場取引をしている人は覚えておきましょう。

ハンドリングチャージの意味とは

ハンドリングチャージとは、取引の際に発生する手数料のことです。株式を購入したり、売却をすれば、その都度、必ずこのハンドリングチャージが発生します。これこそが、その取引を管理する側(証券会社など)の利益だという訳です。
最近では、あらゆる取引が個人で簡単にネットから行えるようになりました。このネットを利用すると手数料が安くなることが多く、電話で行っている人は、その差額がそのまま損になっています。
しかし、都合によってネットが利用できなかったり、中には電話でしかそれが行えない取引も存在する為、そのような場合には仕方がありませんが、できるだけこのハンドリングチャージを安く済ますに越したことはりません。

ハンドリングチャージの由来

ハンドリングチャージの由来は、英語で相場取引のおける手数料のことをそう呼ぶことからです。
単に「手数料」と表現した方が早いと思うかも知れませんが、ハンドリングチャージには、そうとは呼ばない同様のチャージ(手数料の類)も含めた意味があるので、それらも含めて表現できることから、遭えてこちらを使うことが多いのです。

ハンドリングチャージの文章・例文

例文1.あの証券会社はハンドリングチャージが高過ぎる
例文2.ハンドリングチャージが安いので気にしていないが、肝心のレートが全然上がってくれない
例文3.ハンドリングチャージだけでFX会社を選ぶと、取引対象が少ないことがあるので注意してください
例文4.ハンドリングチャージの分を忘れていて、若干の損になってしまった
例文5.それほどハンドリングチャージが気になるなら、徹底的に比較した方がいい
ハンドリングチャージは、何かの取引を行えば、必ず掛かるものなのです。よって、これが安い会社を選ぶに限りますが、そのような会社は、取引ができる対象が他社より少ないなど、何かしら劣っている点がある場合が多いと言うことができます。
その他にも、比較的高く設定している会社は、その分サービス面が充実しているなど、伊達に高くしているという訳でもないのです。

ハンドリングチャージの類義語

ハンドリングチャージの類義語は、「スプレッド」という言葉です。このスプレッドは、FXの取引を行うと、必ず聞くことになります。FXでは、取引の際に手数料というものはまず掛かりませんが(ほとんどの会社で無料です)、その代わりにこのスプレッドという手数料の類が、売買する通貨ごとに決められています。(各社によって設定が異なります)
よって、FXの取引においては、自分が主に売買する通貨のスプレッド安い(低い、狭いとも表現されます)会社を選ぶことが大切になります。
ハンドリングチャージという言葉は、このスプレッドも含めた、売買における手数料の類全てを表す言葉となっています。スプレッドもハンドリングチャージの一種だということです。

ハンドリングチャージまとめ

ハンドリングチャージは、それだけで相場取引における手数料に該当する全てを表現できる言葉です。FXでは、スプレッドというそのもの自体の方がよく使われていますが、色々な種類の取引を行っている人は、ハンドリングチャージの方が使いやすい言葉です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事