ハンセン病は感染病

ハンセン病(はんせんびょう)

世界には様々な菌やウィルスが存在していて、それによる被害も世界中で確認されています。その中で、日本でも時として猛威を振るう病気の一つとして、「ハンセン病」があります。ではこのハンセン病とはどういう病気なのかを解説していきたいと思います。

ハンセン病の意味

ハンセン病というのは、皮膚や神経に異常が出る感染症の一種です。皮膚の色が変色する、腫れたような見た目になるなどの症状が出ます。ハンセン病の原因は、らい菌という菌に感染することです。らい菌は31度程度の温度を好み、感染したら皮膚で増殖する傾向や末梢神経に好んで生息する傾向が見られています。
らい菌の感染経路は基本的には飛沫感染と考えられており、感染から発病までは個人差や環境といった要因により左右され、一般的には数年〜数十年の経過を経て発症します。基本的にらい菌の増殖スピードはゆっくりなのです。たとえ感染したとしても、発症しないケースも多く、逆に発症する割合の方がごくわずかです。

ハンセン病の由来

ハンセン病自体の歴史はとても古く、紀元前6世紀ごろのインドの古典やキリストの聖書にも記載されています。ただ、この時は原因などは分かっていなかったため、呪いや天刑の類であると考えられてきました。1873年にノルウェーのハンセン医師らがらい菌を発見したことによって、病気であるとしてその名がつけられました。

ハンセン病の文章・例文

例文1.ハンセン病は感染症の一種だ
例文2.ハンセン病の原因はらい菌という菌らしい
例文3.皮膚の色が変わっている、ハンセン病ではないだろうか
例文4.昔の人はハンセン病を呪いだと思っていたらしい
例文5.ハンセン病は飛沫感染するらしい
ハンセン病の治療方法自体は確立されているので、仮に発症したとしてもそこまで不安になるような病気ではありません。

ハンセン病の会話例

  • 質問者アイコン

    それどうしたの!?

  • 回答者アイコン

    え?ああこの腕のとこ?
    ハンセン病だったらしいんだよね。

  • 質問者アイコン

    ハンセン病って聞いたことはあるけど、大丈夫なの?

  • 回答者アイコン

    治る病気だから大丈夫だよ。

日本での発症例は多くありませんが、世界では年間で約21万人の新規患者が確認されているようです。

ハンセン病の類義語

今でこそハンセン病という呼び方で統一されていますが、かつての日本では「癩(らい)」や「癩病」「らい病」という風に呼ばれていたこともあります。

ハンセン病まとめ

上述したように、ハンセン病は現在では治療法も確立されているので、後遺症を残さず治療することができる病気です。ハンセン病の疑いを感じたら、すぐに医療機関で診てもらいましょう。
「ハンセン病について」
上記日本財団のホームページにて詳しく見ることができます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事