ハロウィンで使うかぼちゃ

ハロウィン(Halloween)

元々は外国の恒例行事でしたが日本人の中でもかなり文化が広まっている行事でここ数年は渋谷など町を巻き込んで盛り上がる行事にまで発展しました。
若い人の間では「仮装(コスプレ)をする日」という認識がありますが本来の意味や由来はどのようなものなのでしょうか。これから解説していきます。

ハロウィンの意味

「万聖節(ばんせいせつ)」と呼ばれるキリスト教の祝日の一つ、諸聖人(しょせいじん)の日の前夜に行われる祭りのことです。死者の霊が街に来る日とされておりその中に魔女や悪魔も紛れていると考えられていました。子どもを悪霊たちから守るために、仮装して仲間のふりをさせています。
ちなみにですが、「ハロウィンの飾り付けをしている家にはお菓子をもらいに行ってもいいが飾り付けをしていない家には行ってはいけない」という暗黙のルールがあるそうです。

ハロウィンの由来

「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が省略されてできた言葉が「Halloween」であり、ヨーロッパの古代ケルト人の秋の収穫祭が起源とされています。
ケルト民族の1年の終わりが10月31日とされており、都市の最後の夜は亡者が作物を荒らしたり子どもにいたずらをしに来ると信じられていました。
「秋の収穫を祝う日」と「悪霊追い出す祭り」が合わせて行われ現在のハロウィンの表示になりました。
かぼちゃをくりぬいて顔を作り蝋燭(ろうそく)を立てて飾るのは、死者の霊を導き悪霊を追い払う日本でいう「迎え火・送り火」のようなものとされています。
また、仮想した子どもたちが「トリックオアトリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言い近所の家のお菓子をもらうのは、もともと農民が祭り用の食料も持って歩いていたものを真似ていたことが由来とされています。

ハロウィンの文章・例文

例文1.毎年ハロウィンの日は渋谷などの都心は大賑わいだ
例文2.ハロウィンで楽しむのはいいけど人に迷惑かけていい行事ではないと思う
例文3.小学校の英語でハロウィンの祭りを真似て文化を楽しむ授業がある
例文4.映画で見て以来いつか海外のハロウィンの祭りに参加したいと思っている
例文5.海外のハロウィンの仮装が今の日本ではアニメなどのコスプレ大会になっていることに少し寂しさを感じる
英語や文化を知るための授業としてグループを作って引率者の後をついて町を歩き、関係者の自宅でお菓子をもらって回っている地域や学校があるようです。

ハロウィンの会話例

  • 質問者アイコン

    今年は渋谷のハロウィン行くの?

  • 回答者アイコン

    最近は怖い事件とか増えて警備厳しくなってるじゃないですか、友人に誘われてるけど悩んでるんですよね

  • 質問者アイコン

    確かにな、人も多すぎて進めないし、女の子は痴漢被害とかあるらしいし怖いよなぁ。

  • 回答者アイコン

    調べたら地元でハロウィン用に会場があるみたいなんでそっち行けないか相談してみます!

この会話に出ているように貸し会場などでハロウィンイベントをやっているところもありますのでそちらで安全に楽しむのも手ではないでしょうか。

ハロウィンの類義語

キリスト教に関わるイベントに「クリスマス」や「イースター」などが挙げられます

ハロウィンまとめ

いかがでしたでしょうか。ただ仮装をする日として認識されていますが本当は秋の収穫祭であり、悪霊から街や子どもを守るイベントだったのです。
日本では少し形を変えて親しまれていますが、節度も持って楽しんでいただきたいです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事