ハレーション

上司やクライアントと雑談をしていたとき、ハレーションという聞きなれない言葉出てきて、しどろもどろになった経験はありませんか。今回は最近ビジネスシーンでよく耳にするようになったハレーションについて解説していきます。小さな不安を拭い去って、晴れやかなワークシーンを迎えていきましょう。

ハレーションの意味とは

会社や取引先の話し合いの中でハレーションという言葉が登場したとき、良くない状況を指している場合が多くなります。ハレーションには「周囲に良くない影響を与えること」という否定的なメッセージが込められているからです。悪い副産物・マイナスの副産物といった見方もあります。

ハレーションの由来

ハレーションとは、同名の英語にゆかりのある言葉です。英語表記だと「halation」となります。もともとは写真を現像するときに使われるカメラ業界の専門用語で、写真を焼き付けるときに一定の光を与えてしまうと、写真が淡くぼけてしまう…という現象に由来しています。デザインや印刷など特定の業種で使われていた言葉が、いつしかビジネスシーンで使われる言葉に変わっていったのです。ハレーションという言葉を耳にしたら、本来は写真やデザインにまつわる言葉だという豆知識を覚えておくと良いでしょう。

ハレーションの文章・例文

例文1.新しい担当大臣の失言で、ハレーションが起きてしまった
例文2.午後に大切な商談があるから、ハレーションしないように気を付けてください
例文3.これ以上ハレーションを起こさないように、予防線を張っておいた
例文4.彼は有能なビジネスマンだ、たびたびハレーションを起こす厄介者だが…
例文5.取引先との信頼関係を築くためには、ハレーション対策をおこなうことが急務だ
大臣の問題発言が発端となり、地元の有権者たちがストライキを起こしています。これ以上ハレーションが起きないといいのですが…。

ハレーションの類義語

ハレーションの似た意味をもつ言葉として逆効果・悪影響・負の副産物などが挙げられます。どれもあまり良い意味ではなく、悪い意味として捉えられることが多い言葉です。執ように言葉を並べてしまうと、相手との関係性に亀裂を起こす可能性もあります。使用にはくれぐれも気を付けた方が良いでしょう。

ハレーションまとめ

フィルムを現像するときに生まれた言葉のひとつが、ハレーション。現代のビジネスシーンでは元の意味から飛躍し、悪い影響を周囲に与える…という意味合いで使われています。どんなに良い功績を積んでいても、ひとつの発言やおこないで想像を絶するハレーションが起きてしまうことがあります。社会の影響を考えて、ハレーションを起こさないような行動や言動を取ることが大切です。

この記事を読んでいる人に人気の記事