ハフレとハグをする

ハフレ

男女の関係というのは様々なジャンルがありますが、一般的に思い浮かぶのが結婚相手、恋人、友人でしょう。ですが男女の関係はそれだけで済ませることが出来ないのでトラブルが置きてしまうのも事実です。カップルではないのにも関わらず肉体関係を持ち、その関係が続く場合、セフレと呼ばれることが多いですが、みなさんも聞いたことあるのではないでしょうか。これはセックスフレンドの略語ですが、男女の関係を示す〇〇フレンドの略語はまだまだあります。今回はそのうちのひとつである、ハフレをご紹介します。

ハフレの意味とは

ハフレは、ハグフレンド(hug friend)略語であり、日本人はハグをする習慣がないので男女がハグをしていると気があるのかな?と男女の関係を想像する人もいるでしょう。あくまでもハフレはハグのみでそれ以上の肉体関係を持つこともありません。パートナーが居る人とハフレになることも出来ます。お互いにパートナーが居ない場合には、ハフレが恋人関係の通過点になることもあるようです。ハフレは男女のみを示す言葉なので、同性でハグをしてもハフレの関係にはなりません。

ハフレの由来

海外では、ハグをすることは習慣化された挨拶で日本人がお辞儀をする感覚に近いです。また銃社会の海外では、握手やハグをすることでオープンなことを示し、何も危険なものは持っていない、敵でないという意思表示の一つにもなります。これは習慣なので海外の人々は、ハグを異性にすることに深い意味を持たず抵抗がありません。近年、この概念が日本の若者を中心に浸透しており、ハフレはあくまでもハグをするだけの関係なのです。恋人を作ると面倒なこともありますが、ハフレには関係を断ちやすさや、割り切りやすさがあるのもメリットと言われています。

ハフレの文章・例文

例文1.中学時代の同級生とハフレになった
例文2.ハフレだった男の子に告白された
例文3.失恋していたがハフレに励まされて元気になった
例文4.気づいたら私たちの関係ってハフレだよね
例文5.ハフレは割り切った関係なので楽だ

ハフレの類義語

同じく男女間ではありますが、肉体関係を持たない中で有名なのが「ソフレ」です。添い寝フレンドの略語で、あくまでも添い寝をするだけでそれ以上の関係を持つことはないのです。ハフレよりも密着度時間が長く濃密なために、ハフレからソフレへ関係がレベルアップすることもあるようです。さらにハードとも言えるのが一緒にお風呂に入る友達の「オフレ」です。

ハフレまとめ

まだまだ日本でハグをするというのはハードルが高いですが、気兼ねなくハグが出来る相手と接することで、リラックス効果が生まれストレス発散ができるという結果も出ています。セフレ、オフレ、ソフレよりも一番フランクに接することが出来るのも良さの一つのようです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事