ハニートラップを仕掛ける女性

ハニートラップ(honey trap)

ハニートラップとは、諜報活動において情報を手に入れるために女性が男性に対して仕掛ける誘惑のことです。よく海外映画などでは、女性に魅了されてしまい、大事な情報を教えてしまったり、隙を見せてしまうことがあります。そんな行為のことをハニートラップといい、今日でも使われることのある言葉です。今回はそんなハニートラップについて意味や使い方を見ていきたい思います。

[adstext]
[ads]

ハニートラップの意味とは

ハニートラップの意味は、諜報活動において情報を手に入れるために女性が男性に対して仕掛ける誘惑のことです。ハニートラップという言葉は色仕掛け全般に使われるので覚えておくといいと思います。

ハニートラップの由来

ハニートラップは英語で綴ると「honey trap」です。「honey」には愛しい人や甘いといった意味があり、「trap」は罠という意味があります。これらから甘いと罠ということになり、現在の意味で使われるようになったと考えられています。元々は女性が諜報活動をする時の色仕掛けのことを表す言葉として使われていたと言われています。

ハニートラップの文章・例文

例文1.ハニートラップを使って敵組織の機密情報を手にいれる。
例文2.あの宝石を手に入れるためならば、ハニートラップを使うことも厭わない。
例文3.ハニートラップにまんまと引っかかったその男性の姿は滑稽である。
例文4.ハニートラップを仕掛けるも、スパイだとバレてしまい拘束されてしまう。
例文5.諜報活動を行うにあたって、ハニートラップを仕掛けることができなければならない。
これらからハニートラップという言葉は、色仕掛けのことを表すのには適しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ハニートラップの会話例

  • 質問者アイコン

    ここから抜け出すにはどうしてもその情報が必要なんだ。

  • 回答者アイコン

    うん。わかっているわ。その情報はここのボスが持っているのよね。

  • 質問者アイコン

    そうだ。あのボスは君のことを酷く気に入っているようだからハニートラップを仕掛ければ情報を聞き出せるかもしれない。

  • 回答者アイコン

    わかった。やってみるわ。危険とわかっているけどみんなのためだもの。

これは、ある情報を聞き出すためにハニートラップを仕掛けようとしている様子です。

ハニートラップの類義語

ハニートラップの類義語には、「色仕掛け」「美人局」「セクシャルエントラップメント」などがあります。

ハニートラップまとめ

よく映画やフィクションの世界ではスパイがハニートラップを使うといった場面を目にすることもあると思います。また、テレビなどでもドッキリと称してハニートラップを仕掛けるなんてことがあると思います。そんなときにハニートラップは使うことができるので覚えておくと良いと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事