ハインリッヒの法則を知らず…

ハインリッヒの法則(はいんりっひのほうそく)

「ハインリッヒの法則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。工場や工事現場などの、一歩間違えば死傷事故の発生の可能性がある環境に従事でしている可能性がある人は聞いたことがあるかもしれませんね。そこで、この「ハインリッヒの法則」というのがどういうもので、どういう使い方をするのかについて解説をしたいと思います。

[adstext]
[ads]

ハインリッヒの法則の意味

ハインリッヒの法則というのは、労働災害における経験則のことです。ある1つの重大な災害の背景には29の軽微な事故が存在しており、さらにその背景には300の異常(ヒヤリ・ハット)が存在しているというものです。
ある障害が伴った災害を調べてみると、障害は伴ってなくても似たような災害が多数発見されているようです。災害に関するデータを紐解いてみると、同じ人間の起こした同じ種類の災害が330件あり、そのうちの300件は無傷で29件は軽い障害を伴い、残りの1件は重い障害が発生しているというのが論文のデータとして存在しています。
こうした経験に伴うデータよりハインリッヒの法則が存在しています。

ハインリッヒの法則の由来

この言葉の由来は、法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒの名前によるものである。彼がアメリカの損保会社に勤務していた際に出版された論文が法則の初出になります。

ハインリッヒの法則の文章・例文

例文1.ハインリッヒの法則をもとに危険予測を立てる
例文2.ハインリッヒの法則を研究する
例文3.現代においてもハインリッヒの法則は通用する
例文4.ハインリッヒの法則というものを詳しくは知らない
例文5.ハインリッヒの法則を知ることで、事故の防止に投げられる
ハインリッヒの法則やその考え方は、業種によってはとても重要なものになります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ハインリッヒの法則の会話例

  • 質問者アイコン

    この前下請けの工事現場で、重大障害事故が発生したらしいね!

  • 回答者アイコン

    1人が意識不明の重体らしいよ。
    安全確認ができてなかったんだって。

  • 質問者アイコン

    現場の責任者クラスの人にはハインリッヒの法則を用いた研修が必要かもね。

  • 回答者アイコン

    それ絶対提案したほうがいいよ!

ヒヤリ・ハットにもつながっている考え方なので、しっかりと落とし込む必要があります。

ハインリッヒの法則の類義語

ハインリッヒの法則には別の呼び方が存在していて、「ハインリッヒの災害トライアングル定理」や「障害四角錐」といった呼び方があります。

ハインリッヒの法則まとめ

ハインリッヒの法則に関して解説をしてきました。言葉自体は聞いたことがあるけど、内容はよく知らないという人でも理解してもらえるのではないかと思います。ハインリッヒの法則に関連してくる業種の人には特に知っておいて欲しい内容です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事