ノロウイルス

集団行動をしていると、とくにかかりやすいのがノロウイルスです。ノロウイルスは年齢問わずに襲いかかる病気で、ときおり全国ニュースでも集団感染の報道がなされています。ノロウイルスとは一体どのような病気なのか、正しい知識を一緒におさらいしていきましょう。

ノロウイルスの意味とは

ノロウイルスはノロウイルス菌によって、起こる厄介な病気です。ノロウイルスを持っているカキなどを生食で食べた場合感染するケースと、ノロウイルスに感染している人の汚物が飛沫感染して感染拡大するケースと、大きく分けて2パターンあります。ノロウイルスに感染すると、猛烈な嘔吐と下痢が繰り返しおこります。脱水症状が強く水を飲むのもつらい場合は、医療機関を受診することが重要です。

ノロウイルスの由来

1960年代後半にアメリカの小学校で、初めてその存在が確認されたのがノロウイルスです。小学校のあった街の名前がノーウォークという名だったため、当時はノーウォークウイルスと呼ばれていました。ノロウイルスによる集団食中毒は、全国のレストランや旅館で定期的に発生しています。感染予防のウイルスは無いため、感染を防ぐためにはこまめな手洗いが求められます。

ノロウイルスの文章・例文

例文1.ノロウイルス予防のために、職場に薬用石けんを置くことにした
例文2.二枚貝を食べるときは、ノロウイルスにかからないように、よく加熱することが大切だ
例文3.家族からノロウイルスをもらい、つらい休日を過ごした
例文4.校内でノロウイルスが流行っていますので、どうぞお気を付けください
例文5.この近くでノロウイルスは流行っていますか?
ノロウイルスは冬に多い病といわれていますが、1年通して起こりうる可能性のある病気です。感染予防のために、水道水を用いた手洗いが大切です。

ノロウイルスの類義語

ノロウイルスは感染性胃腸炎とも呼ばれます。またノロウイルスと似た病気に、急性胃炎もあります。急性胃炎は胃がムカムカしたり、激しくなると嘔吐する病です。お酒やコーヒーなど刺激の強い食べものをとったとき、不規則な生活が繰り返されると起こります。胃を休めてあげると体調が良くなることが多く、温かい飲み物を積極的にとり体を休めてあげます。水分も取れない状態が続く場合は、専門医のもとを早めに訪れることが大切です。

ノロウイルスまとめ

ノロウイルスはノロウイルスの菌によって起こる、激しい嘔吐や下痢をひきおこす病気です。ノロウイルスに汚染された二枚貝を生食で食べたとき、ノロウイルス感染者から飛沫感染を受けたときに感染します。ノロウイルスに感染した場合は経口保水液などの水分をとり、脱水症状にならないように気を付けます。水を飲めない状態が続くときは、医療機関を受診する勇気も大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事