ノミ行為をする

ノミ行為(のみこうい)

「ノミ行為」とは、ネットが普及する前には、居酒屋やスナックなどで馬券を購入する事を指す事が多かった言葉です。しかし、今でも時折、ノミ行為発覚やノミ行為で何人逮捕などの報道がされています。男性なら大抵は大人になると、自然とノミ行為の意味や違法性を認識しますが、正しい意味などは理解していないものです。そこで、より詳しく丁寧な解説をさせて頂きます。

ノミ行為の意味とは

「ノミ行為」の意味は以下の通りとなります。
 (1)投資の中でも、主に一部の悪徳業者の先物取引で横行する不正で、客からの注文を正しく受けず、手数料や預かった委託金(証拠金)を騙し取ろうとする行為。
 (2)競馬や競輪、競艇などの公営ギャンブルにおいて、正規の関係者以外が胴元となり違法にギャンブルを開催する事。大抵は個人営業の居酒屋やスナックなどで、その背後には暴力団関係者が存在している。また、友人などに馬券を購入するよう頼まれ、実際は未購入なのも「ノミ行為」となる。
 (3)別表記「呑み行為」。
「ノミ行為」は大きく分けると、先物などの投資でお客を騙す、競馬や競艇などの馬券や舟券を不当に販売する行為となります。先物など投資のノミ行為は分かりやすいですが、ギャンブルに関するノミ行為は、具体的にどこまでを賭博として扱うか曖昧となっています。それは、競馬や競輪や競艇などは明快ですが、野球賭博や他スポーツの賭博について「ノミ行為」と呼ぶかは意見が分かれます。犯罪であるのに変わりないが、名称については判断が難しいのが実情です。その理由として、この違法な賭博の発祥が飲み屋から始まったとする説、馬券を頼まれても本当は購入しないで飲み代に当てたとする説などが理由です。

ノミ行為の由来

前述しましたが、「ノミ行為」の由来は飲み屋始まり説や馬券を買ったフリをする説などもありますが、証券業界で使われていた専門用語「呑み行為」が広まったとする説が有力視されています。投資もギャンブルとする向きもありますし、お金を賭ける点なら賭博と何ら変わりないです。正規の団体に成り代わり、個人や会社が胴元となり、お客から先物取引の委託金は預かり、何れはそのお金を呑みこみ儲けてしまうのが、言われの由来とされています。

ノミ行為の文章・例文

例文1.昔は飲み屋でノミ行為が本当に横行していた。
例文2.ノミ行為が流行る理由は、正規より胴元の取り分が少なく、客側が通常より有利となるルールも関係している。
例文3.ノミ行為でかつては、有名芸能人が逮捕された事もある。
例文4.FX業者もノミ行為をしていると噂され、個人投資家はイカサマで搾取され続けていると訴えている。
例文5.若い時は、友人に頼まれて馬券を何度も購入した。これって、実はノミ行為だったのかも知れないと今になって思う。

「ノミ行為」は違法行為なので、その解説のような例文となります。

ノミ行為の会話例

  • 質問者アイコン

    この前、友人と飲み屋に行ったら、隣のお客さんが普通にノミ行為をしていた驚いたよ。

  • 回答者アイコン

    ノミ行為って犯罪じゃないの?

  • 質問者アイコン

    そうだけど、友人はその店の常連だし、少額を賭けるぐらいだと、今でも横行しているみたいだね。

  • 回答者アイコン

    でも、それでもし捕まったら最悪じゃない。あなたは止めた方がいいよ。

「ノミ行為」の現場を目撃した男性が、その様子を女性に報告しています。

ノミ行為の類義語

「ノミ行為」の類義語には、「賭博行為」「利益相反行為」などの言葉が挙げられます。

ノミ行為まとめ

「ノミ行為」は要するに、ギャンブルに関する違法行為となります。怪しい証券会社による先物取引でお客を騙したのが発祥とされ、現在では競馬や競艇などの公営ギャンブルにおける正規の団体に代わって、胴元となりお客を集め馬券などを売り、そこで配当などを出す行為です。大抵は、胴元の背後にはヤクザなど裏社会の人が仕切り、一般人は「ノミ行為」が犯罪と分かっても、公営ギャンブルよりも配当が良い、手軽、好奇心などから利用をして深みに嵌まるのが典型的なパターンです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事