ノマドワーカーとして働く

ノマドワーカー(nomad worker)

近年、日本社会におけるIT化の促進や働き方改革の影響で働き方が多様化してきています。そのうちの一つとして「ノマドワーカー」という働き方が認知されるようになってきました。このノマドワーカーとはどういう働き方なのかについて解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ノマドワーカーの意味

ノマドワーカーというのは、会社のオフィス以外のネットワーク環境があるような場所で仕事をする人のことを指しています。基本的にはノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどの持ち出しが可能な端末を使って、喫茶店等の環境で仕事をしている人が多いようです。働き方自体は「ノマドワーク」と呼び、ノマドワークを実践する人を「ノマドワーカー」と呼びます。
ノマドワークを行う場所として代表的なのは、スターバックスコーヒーをはじめとする喫茶店や公共図書館、また近年ではノマドワーカーや個人事業主向けのレンタルオフィスやコワーキングスペースが主流です。

ノマドワーカーの由来

ノマドワーカーの言葉の由来は、英語で「nomad=遊牧民」と「worker=働く人」という言葉の掛けわせでできています。ノマドワーカーという言葉自体は2010年ごろから存在していたものの、世間に広く認知されるようになったきっかけとしては、ノマドワーカーの先駆者と言われる安藤美冬さんの実体験をもとにした著書である「ノマドワーカーという生き方」によるものです。

ノマドワーカーの文章・例文

例文1.私はノマドワーカーとして働いている
例文2.ノマドワーカーはオフィスにいるよりもストレスが少ない
例文3.ノマドワーカーという働き方に憧れる
例文4.彼はノマドワーカーだ
例文5.あの喫茶店にはノマドワーカーがたくさんいる
その働き方の自由度から、ノマドワーカーに転向する人も多いようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ノマドワーカーの会話例

  • 質問者アイコン

    よくこちらの席でパソコンを開いていらっしゃいますが、お仕事ですか?

  • 回答者アイコン

    そうなんです。
    自分でビジネスをやっているので喫茶店や自宅がオフィスなんです。

  • 質問者アイコン

    ノマドワーカーというやつですね。

  • 回答者アイコン

    そうなんです。大変なことも多いですけどね。

ノマドワーカーはオフィスに通わなくても仕事ができるIT系の業種や個人事業主に多いです。

ノマドワーカーの類義語

ノマドワーカーに近い言葉としては、「リモートワーク」や「テレワーク」といった言葉が挙げられるでしょう。

ノマドワーカーまとめ

ノマドワーカーというものについて解説をしてきましたが、イメージの華やかさとは裏腹に大変な面もあるので、自身の仕事を自身でしっかりと管理できない人には難しい働き方です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事