ノブレス・オブリージュは特権者に義務があるということだ

ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)

皆さんは社会的に力を持っている特権者について考えたことがありますか、学校などで教えてくれるわけでもないため知らない人がほとんどだと思います。このことについて考えさせられる言葉がノブレス・オブリージュです。今回は聞きなれない言葉である「ノブレス・オブリージュ」について、分かりやすく解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ノブレス・オブリージュの意味とは

ノブレス・オブリージュとは元々、貴族や王族などの特権を持った人にはそれに値する義務が発生するはずだという道徳観のことです。今で言うと主に富裕層、有名人、権力者、高学歴者の様な特権を持った人が「社会の模範となるように振る舞うべきだ」という社会的責任に関して用いられます。法的な義務ではないため、社会において一番重んじるべきものそして一番大切なものはルールや法律です。つまりこのルールの中で私たちは生活しています。お金持ちや特権者はこのルールがあったからこそその位置に立つことが許されている訳です。その特権や富を利用すれば人を陥れたり人の人生を奪うことは簡単かもしれませんが、それをしないことはこのルール上で上に立つ者の義務に値するだろうということです。これを為さなかった事による法律上の処罰はないものの、社会的批判を受けたり、倫理や人格を問われることがあります。

ノブレス・オブリージュの由来

言葉は1808年ピエール・マルク・ガストン・ド・レヴィの「noblesse oblige」が由来とされており、1836年オノレ・ド・バルザックの「谷間の百合」にてそれを引用することで広く知れ渡ることになります。

ノブレス・オブリージュの文章・例文

例文1.この前問題を起こした芸能人はノブレス・オブリージュの考えがないので反省していない。
例文2.巨万の富を得た人はノブレス・オブリージュの道徳観を忘れないで行動した方がいい。
例文3.ノブレス・オブリージュを心がければ世界はよくなるはずだ。
例文4.ノブレス・オブリージュは政界に勤める人にも言えることだ。
例文5.ノブレス・オブリージュとは特権には義務が伴うと言う道徳観のことである。
ノブレス・オブリージュという考えが世の特権を持っている人に伝わって欲しい者ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ノブレス・オブリージュの会話例

  • 質問者アイコン

    最近は有名人やお金持ちの人や政界の人の不正や犯罪が後を絶たないね。

  • 回答者アイコン

    本当だよね、ニュースで取り上げられるせいかすごく印象が強いよね。

  • 質問者アイコン

    そうかもしれないね、でも社会的に力を持っている人がノブレス・オブリージュな考えを持たないのはやっぱり良くないよね。

  • 回答者アイコン

    そうだよね強い力を持った人が変な人だったら大変なことになるもんね。

世界の半分以上のお金は世界の1%の富裕層が持っているそうです。つまりその1%がおかしくなれば世界はひっくり返ってしまうのです。それを考えるとよりノブレス・オブリージュの重要性がわかりますね。

ノブレス・オブリージュの類義語

ノブレス・オブリージュの類義語は、「富裕層」「有名人」「特権者」などがあります。

ノブレス・オブリージュまとめ

まとめると、この世界を動かす力を持っているのは様々な特権者であるということです。その特権者とはこの社会のルールの上で選ばれた人間たちでもあるため、そのことを意識する必要があるということです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事