ネゴシエーション(negotiation)

「ネゴシエーション」とは、交渉、協定などという意味を持っています。ビジネス面で、会社の取引先などと営業などの交渉や取引に向かう際、「ネゴシエーションしてくる」や、それを略して「ネゴ」「ネゴる」などと使われています。会社員の方で、営業職の方は特に聞き馴染みがあったり、普段からこの言葉を使ったりされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな「ネゴシエーション」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

ネゴシエーションの意味とは

「ネゴシエーション」の意味は以下の通りです。
・交渉
・協定、取引
・モデムやコンピューターなどの、通信や制御の情報を相互に交換すること
・課題や困難を乗り越えること
例えば、会社間で取引や交渉をする際にはネゴシエーションする、もしくは略してネゴやネゴるなどと用いられます。その他には、元々は英語の「negotiation」に課題や困難を乗り越えるという意味もあり、あまりメジャーではありませんが、そのような意味でも使うことができます。

ネゴシエーションの由来

「ネゴシエーション」は、英語で交渉、協定という意味を持つ「negotiation」をそのまま日本語として使われるようになりました。英語をそのまま日本語として用いられるものは多くありますが、このネゴシエーションも元々は英語だったものが日本語として用いられています。

ネゴシエーションの文章・例文

例文1.営業でネゴシエーションし、契約合意まで至った。
例文2.冷戦するために相手国とネゴシエーションする。
例文3.ネゴシエーションの結果、良い取引を行えることとなった。
例文4.後輩と切磋琢磨し、難しい案件をネゴシエーションする。
例文5.値段を下げるためにネゴシエーションする。
「ネゴシエーション」を使った例文になります。「交渉」や「協定」、「課題や困難を乗り越える」といった場面で用いられる言葉となっています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ネゴシエーションの会話例

  • 質問者アイコン

    無事取引先のA社とのネゴシエーションで契約決まりました。

  • 回答者アイコン

    おめでとう、今回は結構苦戦したみたいだね。

  • 質問者アイコン

    結構長期的なネゴだったけど、何度も足を運んだのが良かったみたいだよ。

  • 回答者アイコン

    誠意が相手にも伝わったってことね。

会社の営業部で「ネゴシエーション」を使った会話をしている様子です。

ネゴシエーションの類義語

「ネゴシエーション」の類義語は、「交渉」「折衝」「協議」などです。

ネゴシエーションまとめ

「ネゴシエーション」とは、交渉や協定などのことでした。ビジネスでよく用いられる言葉で、営業職の方などは日常でもよく使われることも多いと思います。日常生活では使うことが少なくても、会社などでは使われることも多い言葉なので、覚えておくと良いのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事