ネガティブな考え

ネガティブ(negative)

世の中で受け入れられやすい人というとポジティブな人という意見が大半ではないでしょうか。ただし、その逆に当たる「ネガティブ」な人というのは逆のイメージを持たれやすいのではないでしょうか。それはそもそも何ででしょうか?ネガティブとは何でしょうか?そこで「ネガティブ」という言葉の意味について解説をしていきたいと思います。

ネガティブの意味

ネガティブというのは、物事に対して正負の2極に分けるにあたって負のことを指します。ネガティブな考え方を指して、「ネガティブ思考」や「ネガティブシンキング」という風に呼びます。また、正に関しては「ポジティブ」と呼びます。また、「正負」と「善悪」はイコールではないため、ネガティブだから悪いという意味ではありません。
ネガティブシンキングが時に有用と考えられるのは、ネガティブ故の物事の最悪の結果を想定できる考え方を持つことができるため、リスクヘッジにつながるという観点に結びつけることができるためです。しかしながら、これはビジネス面などの話なので、プライベートな付き合いでのネガティブなよく思われない傾向にあります。

ネガティブの由来

ネガティブの語源はラテン語の「negativus」で、「否定の〜」という意味になります。

ネガティブの文章・例文

例文1.ネガティブな発想はやめてほしい
例文2.それはネガティブワードだからやめよう
例文3.ネガティブな発想は時にリスクヘッジになる
例文4.ネガティブシンキングはマイナス印象でしかない
例文5.ネガティブな発想はやめよう
基本的にネガティブというと、否定的な反応や意見が来ることが多いでしょう。

ネガティブの会話例

  • 質問者アイコン

    ハァ〜。今日も仕事で上手くいかなかったな。

  • 回答者アイコン

    ため息つかないの。
    次は上手くいくよ!

  • 質問者アイコン

    そんな根拠どこにもないじゃないか。次も上手くいかないよ。

  • 回答者アイコン

    そんなネガティブなことばっかり言わないの。

しつこいネガティブは時として鬱陶しく感じられるので要注意です。

ネガティブの類義語

ネガティブと同じような意味や印象のある言葉としては、「マイナス」や「否定的」や「消極的」といったような言葉をあげることができるでしょう。

ネガティブまとめ

ネガティブという言葉に関して、ここまで解説をしてきました。言葉の意味や用法自体は世間一般で認知されているものから大筋はずれてはいないでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事