ニュアンスの違いに悩む男性

ニュアンス(にゅあんす)

日常の会話でも多く使用されているニュアンスという言葉、なんとなくこんな感じかな?とあやふやなまま使っている方も多いのではないでしょうか。今回はこの言葉にどういった意味があるのか深く掘り下げていきます。

ニュアンスの意味

色や音などとその印象に微妙な違いがあること。微妙な意味合い、その僅かな差異という意味。
日本語では「雰囲気」「〜な感じ」などどの意味で使われています。

ニュアンスの由来

「ニュアンス」という言葉は、フランス語の「nuance」が語源とされており、フランス語の「nuance」は「陰影」という意味を表わします。
英語表記でも同じスペルですが意味は「微妙な違い」となります。

ニュアンスの文章・例文

例文1.美術の課題を提出したら先生からもう少し明るいニュアンスにした方がいいと指摘を受けた
例文2.もっと綺麗めなニュアンスの服が欲しい
例文3.適当」は雑にという意味ではなく程良くというようなニュアンスの言葉だ
例文4.この絵画は絵の内容と色合いのニュアンスが違うんだな
例文5.もっとふわっとしたニュアンスのCMを作りたい

ニュアンスの会話例

  • 質問者アイコン

    女の子って似たような色なのに全然違うって言い張るけど、何が違うの?

  • 回答者アイコン

    全然違うよ。例えば、海の青とジーンズの青はニュアンスが違う青でしょ、ワインの赤と信号の赤も全然違うじゃない?色は同じじゃないのよ。
    男の人って全部同じっていうから呆れちゃうわ。

  • 質問者アイコン

    まぁ確かにそう言われると違うけど、やっぱ同じ色じゃんって思っちゃうんだよなぁ。

  • 回答者アイコン

    白とオフホワイト、アイボリーも似てるけど違うからね。身につけるとニュアンスが変わる。っていってもわからないか。

色や流行に敏感な男性、逆に違いの分からない女性ももちろんいますが、男女の違いとしてよくある会話ですね。

ニュアンスの類義語

ニュアンスの類義語は「雰囲気」「感じ」「微妙な差異」など意味を日本語に変えた言葉が挙げられます。

ニュアンスまとめ

日本人は「楽しい」を表現する際に「ちょっと」や「かなり」などを付け加えて程度を表現することが多いですが、他の言語ではその細かいニュアンスが伝わりにくい場合があります。外国から来た言葉ですが「こんな雰囲気」を「こんなニュアンス」と言い換えられよく耳にするほど日本では親しまれ使いやすく感じるようになっています。話の前後によってニュアンスの意味が変わってしまいますが、大きな差異はないので問題なく使えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事