ナレッジ

ナレッジとは英語で表現すると"knowledge"、つまり知識を意味します。しかし、英語の"knowledge"とここで説明するナレッジとは、少し意味合いが異なります。主として、企業間でのビジネスや、会社の社員同士で使われる知識やその管理手法を意味します。

ナレッジの意味とは

ナレッジとは、英語で発音をカタカナ表記すると、ノウリッジ(knowledge)です。つまり、知識やスキル、経験などを意味し、現場レベルの「ナレッジ」は、その知識や、スキルそのものを意味するものであると同時に、そのことをシェアする場を提供する場合、または、「ナレッジ」を獲得するための目標にする際などにも用いられることが多い言葉です。

ナレッジの由来

knowledge(ノウリッジ)がなぜナレッジと発音されたかは、諸説あります。日本人は、最初にこの言葉を聞いた際には、英米人が「ノウ」の部分を発音するときに、母音がア行に聞こえて、「ナ」と聞き取り、それに続く「リッジ」の部分をローマ字読みで「レッジ」と発音されたことが考えられます。

ナレッジの文章・例文

例文1.こんなものを作り出すなんて、君のナレッジはこの会社に貢献できるものだと思うよ。
例文2.ここの会社で働くにな相当のノウハウとナレッジマネジメントが必要だな。
例文3.ナレッジを身につけることは、組織的ビジネスで対等に戦う上で重要なことである。
例文4.ナレッジマネジメントを自分ですることは、忍耐力、精神力、向上心、協調性が必要だ。
例文5.現在の情報化社会に対応するためには、ナレッジマネジメントを適切に行うほかない
ナレッジは、その知識・理解・方法だけでなく、組織単位に関して言えば、包括的に共有する意味合いでも使われることが多い言葉です。「ノウハウの共有」を一言でナレッジと表現することができます。

ナレッジの類義語

その物事を実現させるための知識やスキルを表す言葉として「ノウハウ」というものがあります。

ナレッジまとめ

ナレッジは、ここ数年で出現している言葉ですが、やはり加速度的な情報化社会の発展によるものです。特にソーシャルネットワークでは、理解力の俊敏性や、意思伝達の高階性が求められていく現代には、必要不可欠な言葉になっていくことでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事