ドンパチ(どんぱち)

ドンパチと聞くと、どんな事を思い浮かべますか?
大抵の人が思い浮かべるのは、極道世界や任侠映画の中での拳銃をぶっ放し合うシーンを思い浮かべるのではないでしょうか?
そうです。「ドンパチ」とは拳銃を打ち合う様を表す擬音語で、拳銃による抗争を意味します。
今回は、結構知られているようで、あまり知られていない「ドンパチ」
これが、どんな意味や使い方があるのか説明していきたいと思います。

ドンパチの意味とは

ドンパチの意味とは、ヤクザ同士の拳銃による抗争を意味します。
又、拳銃の使用に関係はなく、ヤクザ社会の喧嘩をドンパチと言うようになり、夫婦喧嘩や揉め事が多いグループの喧嘩もドンパチというようになりました。
言葉の使用例としては、「ドンパチが始まった」などがあります。

ドンパチの由来

ドンパチの由来は、拳銃を打ち合う様を表す擬音語です。ドンパチの語源は「どんどんぱちぱち」から来ていると考えられます。

ドンパチの文章・例文

例文1.昔の東映映画はドンパチものがたくさんあって好きだ
例文2.今の日本映画にドンパチものの内容が欲しい
例文3.こんな街中でドンパチなんてありえない
例文4.この先またドンパチが始まったら厄介だ
例文5.あいつらとドンパチするにはまだ時期じゃない
例えば、新宿を歩いていたら急にピストルの音が聞こえ始めて、ヤクザ同士のドンパチが始まったらたまったもんじゃないですよね。

ドンパチの会話例

  • 質問者アイコン

    僕はいまの日本映画に「ドンパチ」要素がもっとあるように作ってほしい

  • 回答者アイコン

    ドンパチってなに?

  • 質問者アイコン

    ドンパチは、敵同士が拳銃を打ち合うって事だよ。ちなみに語源は「どんどんぱちぱち」からきているよ

  • 回答者アイコン

    何か、かわいいね。

映画や漫画・ドラマ、非現実では激しいドンパチ(拳銃の撃ち合い)は見ててワクワクしますが、現実では絶対に遭遇したくないですよね。

ドンパチの類義語

ドンパチの類語としては、「攻防戦」「紛争」「撃ち合い」「抗争」などがあります。

ドンパチまとめ

ドンパチとは、日常生活の会話では殆ど使わない言葉だと思います。
任侠映画に関わらず、洋画(洋画は多いと思います)、邦画、ドラマ、漫画、どんな事でもいいのでピストルを撃ち合うシーンやそういった場面などの時に
「うわあ、すげえドンパチしてる。」ドンパチは拳銃を打ち合う様を表す擬音語だ、そのくらい軽い気持ちで覚えていてもイイかもしれないですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事