ドミナント戦略とは、地域を限定して同じ顧客を独占する事

ドミナント戦略(Dominant strategy)

最近近所に、同じコンビニの店舗が軒を連ねるなんてことはありませんか?このような出店戦略のことを「ドミナント戦略」と言います。皆さんが普段利用しているものは、この戦略に基づいた店舗なのかもしれませんね。

ドミナント戦略の意味とは

「ドミナント戦略」とは、集中して出店する地域を特定し、その地域内に店舗を展開することです。
同地域内を一気に攻めることで、バラバラに出店するよりもそのエリアの顧客を独占することができます。ここが大きなメリットとなるのです。

ドミナント戦略の由来

ドミナント(dominant)は、「支配的な」「優勢な」という意味を持っています。小売業が経営を拡大する場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことにより、経営効率の向上、地域内でのシェアの拡大、他小売業の優位に立つことができます。また、集中して多店舗展開を行っている地域をドミナントエリアと呼びます。

ドミナント戦略の文章・例文

例文1.私の近所は同じコンビニだらけ、多分ドミナント戦略だろう
例文2.ドミナント戦略はビジネスにおいて賢い手法だと思う
例文3.私はドミナント戦略は好ましくない
例文4.ドミナント戦略は効率面でのメリットがあります
例文5.ドミナント戦略は地域での認知度が高まる
ドミナント戦略はある地域に複数の店舗を出店することにより、その地域でのストアの認知度を高めます。このことを利用し、全国的に知名度が低いチェーンストアでも地域内で集中して出店し、その地域での認知度を高めるという手法を取っています。

ドミナント戦略の会話例

  • 質問者アイコン

    近所にたくさん同じコンビニがあるんだけど、個人的に好きなコンビニじゃないんだよね。

  • 回答者アイコン

    それは出店戦略の1つである「ドミナント戦略」で出展された店舗なんだと思うよ。

  • 質問者アイコン

    なんだか聞いたことがある気がするけど…それは、どういうメリットがあるの?

  • 回答者アイコン

    バラバラに出店するよりも効率が上がり、顧客を独占できるっていうメリットがあるんだ!

皆さんが普段利用している店舗にも「ドミナント戦略」が採用されているでしょう。

ドミナント戦略の類義語

ドミナント戦略の類義語として、ドミナント出店、エリア・ドミナンス戦略などがありますが、意味は同じととらえて問題がありません。

ドミナント戦略まとめ

大手のコンビニチェーン店などにおいてドミナント戦略は、よく使われる経営戦略となっています。実際に、私たちのまわりでは同一のチェーン店が近距離で展開されているのをよく見かけます。ほかにも、どのような経営戦略があるのか、これを機に調べてみてはいかがでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事