トレードオフ

「何かを達成する為には、何かを犠牲にしなければならない」という関係(概念)を、トレードオフと言います。所謂、両立が不可能な関係性を指し、片方を満たすと片方は欠かせてしまうので、そのバランスを考慮する際に頻繁に使われます。
経済的活動で使われる事が多いトレードオフですが、基本的な考えとしては様々な場面で応用可能となるので、理解しておくべき使用頻度が高い言葉となります。

トレードオフの意味とは

元々は経済学の基本概念の希少性の一つとなるのが、「トレードオフ」(trade-off)です。「一方を追求すると、他方は犠牲になる」という大前提が成立する関係性で、両立は不可能となります。しかし、そのバランスをはかり、両方の良い点をうまく探し当てる事が、新しいビジネスが誕生する切っ掛けとなります。

トレードオフを説明する際に、よく用いられる関係性が以下のような事です。
 ・在庫を増やすと売れ残り、在庫を減らすと顧客対応に遅れる
 ・高品質で低価格の商品は成り立たない
 ・水道管を太くすると流量が増加だが費用も増加、細くすると流量も少なくなるが費用も減少
 
取引を意味する「trade」、離れる・去るを意味する「off」が合わさったのがトレードオフで、そのバランスをはかるのが企業の役目であり、真価が発揮されます。価格と価値から、その最も適した状態を探るトレードオフの管理ツールが「トレードオフ マトリックス」となります。

トレードオフの由来

これだけ有名なトレードオフなのですが、発案者や起源は残念ながら情報不足で分かりませんでした。しかし、1700年代に活躍したイギリスの経済学者 アダムスミスが提唱したとされる経済学の希少性に、トレードオフも分類される事から、同年代かそれ以降に誕生したのではと推測できます。

トレードオフの文章・例文

例文1.トレードオフの概念を理解できるか?
例文2.トレードオフの関係性を維持する
例文3.低価格で高品質の商品が増えるのはトレードオフが崩壊なのか
例文4.今後もトレードオフの考えは通用するのか
例文5.講義テーマはトレードオフはどんなシーンで使われるのか?
トレードオフの考え方は、現代社会で頻繁に利用されていますが、言葉としてはその語呂もありちょっと難易度高めとなっています。意味を正確に理解すると容易に理解できますが、そうでないとちょっと難しくなります。

トレードオフの類義語

トレードオフと似た意味として、間違って覚えている方も多いのが「二律背反」になります。他にも、相反関係・国際金融のトリレンマが、似たような混乱する言葉となります。
「二律背反」(にりつはいはん)「相反関係」「国際金融のトリレンマ」

トレードオフまとめ

経済学の基本概念であるトレードオフも、時代の変化と共にビジネス用語として定着しています。両立不可能な関係は世の中に溢れているので、それらを説明する際に、とても便利なのです。
他のビジネス用語や経済用語よりは、意味が分かり易く覚えやすいので、仕事だけでなく日常生活でも使える言葉の一つです。

この記事を読んでいる人に人気の記事