トレーサビリティーを活用して農業をする

トレーサビリティー(traceability)

この言葉を使う分野や業種に携わっていないと、まず理解できない専門用語ってありますよね。「トレーサビリティー」もその一つで、普通の人にはまず何を意味するか理解できません。新製品のコンビニスイーツ、ロックバンドの名前等々と模索を繰り広げてしまったほど、実に難解な言葉である「トレーサビリティー」について、詳しく調べてみました。

[adstext]
[ads]

トレーサビリティーの意味とは

「トレーサビリティー」の意味は以下の通りとなります。
(1)農作物、食品、医薬製品、工業製品などの流通分野における安全を確保する為の仕組みで、履歴情報を確認できる”生産履歴管理システム”となる。
(2)計測器や測定器の校正手段で測定結果が必要精度を保つための基準、国家標準。
(3)「トレーサビリティー」、又は「トレーサビリティ」となるケースもあるが基本的には発音違いとする。

「トレーサビリティー」は大きく二つの意味に分類できます。一つ目が主に流通分野における”生産履歴管理システム”で、二つ目が計測器における校正であり精度を確認するものです。一般的には前者について扱う事が多いので、後者についての詳細説明は割愛します。計器類における標準器に対する制度を確認する仕組みで、”校正”という言葉とセットになる事が多いです。続いて、今回の主題である”生産履歴管理システム”における「トレーサビリティー」です。これは、「追跡」を意味する”trace”と「できること」を意味する”ability”を合わせた俗語(合成語)で、農作物、食品、医薬製品、工業製品などの商品や原材料などを個別に識別し、記録によって遡って履歴情報を確認できる仕組みで、これが”生産履歴管理システム”となります。元々は異物混入事件や食品偽装事件などが相次いで起こり、その予防から人々の食の安全を守るために導入され、迅速対応できる程のメリットがあります。トラブルが起こっても、製品回収や原因特定が早いだけでなく、別の流通ルートも確保できます。現在は、ネット利用やタグ管理も徹底されているので、業者側だけでなくお客側が宅配便のリアルタイム状況確認、食品バーコードにスマホをかざすと賞味期限が読み取れるなど、新しいサービスとしても活用されています。

トレーサビリティーの由来

”生産履歴管理システム”における「トレーサビリティー」は、2003年に食肉牛に「BSE」こと牛海綿状脳症(別名:狂牛病)が起こり、そこに牛肉偽装なども相次いで発覚し大騒動に発展しました。この騒動を収拾させるのと再発防止で、食の安全を守る「牛肉トレーサビリティー法」が成立し、その後は他業種にも導入されていきました。

トレーサビリティーの文章・例文

例文1.食品偽装という事件によって、結果的にトレーサビリティーのシステムが完成したのは災い転じて福となすではないか。
例文2.トレーサビリティーによって、アクシデントが発生しても流通がスムーズに稼働する。
例文3.トレーサビリティーは計測機器に対する意味もあるので、どの意味なのか注意が必要だ。
例文4.食品工場に就職したら、製造管理のトレーサビリティーの部門に配属され、責任が重く身が引き締まる。
例文5.今ではリサイクル家電なども、トレーサビリティーと関係する言葉で、テレビなどを処理する際には確認が求められる。

「トレーサビリティー」について、より詳しい解説めいた文章です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

トレーサビリティーの会話例

  • 質問者アイコン

    今日は職場で講習があって、疲れたよ!

  • 回答者アイコン

    どんな中身だったの?

  • 質問者アイコン

    流通におけるトレーサビリティーについてで、正直難しくて嫌になった。

  • 回答者アイコン

    でも、トレーサビリティーって本当に凄いシステムだよね。一つの商品の材料や製造、仕入れ先なども全て分かるんでしょう。画期的だよ。

「トレーサビリティー」は凄いシステムと、称賛する会話です。

トレーサビリティーの類義語

「トレーサビリティー」の類義語には、「食品衛生管理」「QC」「HACCP」などの言葉が挙げられます。

トレーサビリティーまとめ

「トレーサビリティー」とは、計測器の校正や精度として使用される事もありますが、基本的には食品や農作物などの”生産履歴管理システム”です。商品を徹底管理する事で、トラブルが起こった時にも迅速に対応できるだけでなく、原因究明も容易になります。今では流通という分野では常識なシステムで、企業だけでなく消費者にも情報入手ができるメリットがあります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事