トラウマを抱える人

トラウマ(trauma)

「昔犬に噛まれてから、どんなに穏やかで可愛らしい犬でも怖くて近付けない」とか「高いところから落ちて骨折をしたせいで10年経った今でも高いところに行くと足がすくむ」というような経験はありませんか?そういうものを「トラウマ」と呼んでいます。そのトラウマについて解説していこうと思います。

[adstext]
[ads]

トラウマの意味

トラウマは日本語では心的外傷の事を指します。
大きな精神的ショックや感じた恐怖によってできる心に傷。
肉体的、もしくは精神的な衝撃を受けた際に心が受け入れることができなくなり、長い期間をかけてその出来事にとらわれてしまう状態のことを意味します。主にいじめや虐待、ハラスメント、犯罪被害、事故、災害などでの精神的ストレスからトラウマとなるケースが多いいです。

トラウマの由来

元々はギリシャ語で「傷」という意味しかありませんが、英語では「後遺症を伴う物理的・心理的外傷」の両方を指すのに使われていました。心理学者フロイトが物理的な外傷が後遺症を伴うように、心理的ショックも何年か経ち出来事を忘れても精神的に障害をもたらす事を発見し、ドイツ語の心理用語になったものを訳したものが日本語の「トラウマ」になったそうです。

トラウマの文章・例文

例文1.20年くらい前に犬に追いかけられたのがトラウマで今でも犬が怖い
例文2.部活でアキレス腱を切る大怪我をしたせいで、復帰後他のは平気なのにそのメニューだけはトラウマになり上手く足が動かせなくなっていた
例文3.なんでかは忘れたけど人に背中を触られると涙が止まらなくなる事を話すと、友人からは何かのトラウマになってるのんじゃないかと言われた
例文4.昔親に厳しくされていた頃のトラウマでペンを持つと手が震える
例文5.前の会社でパワハラを受けていたトラウマで転職しても体が震えてしまう
危うく死ぬ、深刻な怪我を負う、性的暴力などの精神的衝撃を受けるトラウマ(心的外傷)体験に晒されたことで生じる、トラウマシーンのフラッシュバック、恐怖を感じる、過度な不安や緊張、感情の麻痺などが症状が出る、特徴的なストレス症状群のことをPTSD(心的外傷後ストレス障害Post-Traumatic Stress Disorder)と呼んでいます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

トラウマの会話例

  • 質問者アイコン

    今テレビでやってる事ことだけどさ、子供の頃から親に厳しくされてて叩かれるのは普通のことだと思ってたし今でも虐待だと思わないんだけど、なんかおかしいの?

  • 回答者アイコン

    あぁ、だからあなた手を頭に近づけたりいきなり触ると過度にビクってするのか。
    そんな状態になるんだったら虐待だったんじゃないかな。

  • 質問者アイコン

    ちょっとしたことで叩かれてたから俺が全部悪いんだと思ってた。

  • 回答者アイコン

    私は怒ると叱るは別物って認識なんだけど、その線引きは難しいよね。

意識していなくても「痛い」「怖い」と強く思ってしまうといつの間にかトラウマになっていることもあるようです。

トラウマの類義語

トラウマの類義語には「PTSD」「心的苦痛」「精神的苦痛」「精神的外傷」などが挙げられます。

トラウマまとめ

ちょっとしたことで昔のことがフラッシュバックして恐怖を感じて動けなくなってしまう、あるいはその場から逃げ出してしまうといった経験はありますか?中にはその記憶を完全に消してしまったり、それでもぼんやりと覚えていて不意に涙が出てしまったりする人もいるそうです。出来事の大小に関わらずどんなことでもトラウマになりかねません。潔癖症などもその一種であるように感じます。生活に困るようなら周りの人が協力してゆっくり時間をかけて克服できるように関わっていくことが必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事