トゥンカロン(とぅんかろん)

「トゥンカロン」とは「カラフルでクリームたっぷりな若い女性が喜ぶ韓国風マカロン」です。韓国だけでなく日本でも非常に人気があり、特に流行ものスイーツにはうるさい若い女性達には大変好評で、「トゥンカロン」を知らないのは時代遅れと呼べるほど浸透をしています。新宿新大久保などには専門店が登場し、コンビニでも最新スイーツとして販売された「トゥンカロン」の解説となります。

[adstext]
[ads]

トゥンカロンの意味とは

「トゥンカロン」の意味は以下の通りとなります。
(1)韓国発祥のマカロン風スイーツで、可愛らしい見た目のインパクトから日本でも若い女性を中心に人気を得ている。
(2)イタリア発祥の洋菓子マカロンの韓国版で、通常マカロンよりも形が大きくクリーム量も増え、さらに若い女性好みのカラフルなデコレーションによって日本でも一躍人気スイーツとなった。
「トゥンカロン」は世界中で人気の洋菓子マカロンを韓国アレンジしたもので、本家よりもサイズが大きくクリームも増えるなどお得度が増しています。さらに外観は女性が好むピンクや赤などの派手さと可愛さも加わり、正に完璧なマカロンと進化を遂げたのです。このようなインパクトとボリュームがあるので当然ながら韓国で大ヒットし、それをSNSに投稿すると、日本でも韓国好きの若い女性を中心に人気を獲得し、東京などでは専門店が誕生するほどのブームとなりました。韓国発スイーツはどれも日本で人気となりますが、その中でも最も人気がある一つで、見た目重視の人にはこれほど可愛いスイーツもありません。

トゥンカロンの由来

「トゥンカロン」は韓国で2016年頃から流行始め、日本では2019年頃に広まっていきました。韓国人の若い女性達がSNSに投稿をするようになると韓国好きの日本人が注目をするようになり、丁度タピオカブームが下火になってきたので、タイミング的にも良かったようです。因みに元祖である本家マカロンは1974年にファッション雑誌「ノンノ」が初めて紹介をして、その後2003年頃に日本でもブームとなります。

トゥンカロンの文章・例文

例文1.トゥンカロンは甘いがクセになる味だ。
例文2.娘の誕生日にトゥンカロンを持っていったら、大変喜んでくれた。
例文3.韓国マカロンことトゥンカロンは若い女性達に大変人気があるスイーツである。
例文4.営業先への差し入れにトゥンカロンを持っていったら、女性達から大変好評でポイントをかなり上げてしまったが、今のところは営業成果には結びつかない。
例文5.コンビニに行ったらスイーツ売場に堂々とトゥンカロンが陳列されていて、思わず一つ購入してみた。
「トゥンカロン」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

トゥンカロンの会話例

  • 質問者アイコン

    コンビニで珍しいスイーツを見つけたよ。

  • 回答者アイコン

    見つけるだけなら、誰でも出来るでしょう。買って、持ってきてよ。気が利かないなー。

  • 質問者アイコン

    そう言うと思って、ちゃんと買ったよ。はい、韓国のトゥンカロンをプレゼント。

  • 回答者アイコン

    もぉーありがとう。あなたほど、気が利く人は世界中を探してもいないわ。

男性が知人女性に「トゥンカロン」を買ってきたという内容です。

トゥンカロンの類義語

「トゥンカロン」の類義語には、「韓国マカロン」「進化系マカロン」などの言葉が挙げられます。

トゥンカロンまとめ

「トゥンカロン」は韓国発のマカロン風スイーツです。カラフルな見た目やたっぷりクリームなどがウケて韓国で大人気となり、その勢いが日本にも入って若い女性などを中心に大ブームとなりました。新宿新大久保などには専門店がオープンし、SNSには大量の「トゥンカロン」の画像が溢れて、昨今の韓国ブームを象徴するスイーツとして存在感を放っています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事