デート商法に気を付ける

デート商法

「デート商法」という言葉をご存知でしょうか。
悪質な商法の一つであり、最近ではこのデート商法対策のため消費者契約法の一部が改正されるなどニュースでも耳にすることが多くなりました。
自身が被害者にならないためにも、デート商法とはどういったものなのか理解しておきましょう。

デート商法の意味とは

デート商法とは、相手の恋愛感情を利用して契約を締結させる商法です。街頭や出会い系サイトなどで知り合った異性とデートを重ね、恋愛関係と思わせた頃合いをみて高価な商品をねだって買わせる…といったように相手の恋愛感情を巧みに利用した悪質な手口です。デート商法は消費者契約法上で「取り消しうる不当な勧誘行為」として認められており、クーリングオフ制度が適用となりますが、被害者自身が騙されていることに気づけないことや、好きな人に嫌われたくないという感情から周囲に相談できず、クーリングオフが遅れてしまう事例も少なくありません。

デート商法の由来

「デート」によって芽生えた相手の恋愛感情を利用した商法であることから「デート商法」と呼ばれます。消費者契約法上では恋愛感情等に乗じた人間関係の濫用と位置づけられています。男性が女性を騙すケースもありますが、その場合も同様にデート商法に位置づけられます。

デート商法の文章・例文

例文1.デート商法は相手の恋愛感情を巧みに利用した悪質な詐欺だ
例文2.スマートフォンの普及によりSNS等を利用したデート商法が増えてきている
例文3.男性の友人が合コンで知り合った女性からデート商法の被害に遭った
例文4.デート商法は近年の被害件数が増加傾向である消費者問題の一つである
例文5.デート商法で騙されていることに気づかず、高価なネックレスを買わされた...
詐欺の手法の一つとして一般的に使用される言葉であるため、ネットニュースの記事などで被害を報告する際に使用されます。

デート商法の類義語

デート商法は「恋人商法」と呼ぶこともあります。
最近はニュース、インターネット上などでデート商法と呼ばれることの方が多いですが、どちらを使用しても問題ありません。

デート商法まとめ

近年、デート商法の手口はソーシャルネットワークサービス(SNS)、出会い系サイト、婚活サイトなど様々であり、企業が関与した事件も起きたりと年々被害件数、被害金額ともに増加傾向にあります。被害者自身が騙されていることに気づきにくいことが特徴であるため、手口をしっかり確認し、トラブルに巻き込まれないように対策を講じることが必要となるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事