データサイエンティスト

コンピューターの加速度的な発展に伴い、研究などで集積されるデータは高密度かつ膨大なものとなる一方です。扱いが困難となるほどの濃密で巨大な情報は「ビッグデータ」呼ばれ、その活用と解析は急務とされています。日々蓄積されていくビッグデータに挑み、情報の処理と解析を行う専門家をデータサイエンティストと呼びます。

データサイエンティストの意味とは

データサイエンティストは、情報処理のスペシャリストといっても過言ではない存在です。扱うビックデータは、名が示す通りとてつもなく巨大な容量で、集積された情報量の多さも段違い。そこからデータとして活用できる形として情報を整理するには、多方面に及ぶ知識と見識が必要となります。あくまで一例ですが、プログラミング技術、数学論や統計学に基づく解析術、ビジネスモデルへの理解などが必要です。そして、解析したデータを他者が利用しやすい形にまとめ、情報の理解を促す働きかけもしなければいけません。コンピューター相手だけではなく、対人面でのコミュニケーション能力も必須といえる職種といえます。

データサイエンティストの由来

データサイエンティストが使う技術は、データサイエンスという情報処理を目的とした学問からはじまっています。
データサイエンスは、統計的、計算的、人間的という3つの視点から情報を俯瞰し、解析技術を研究するもの。この技術体系を学び、応用することで、膨大な情報の渦から関連性や法則を見出だし、可視化を行えるようになります。情報の処理と解析には地道な努力が求められますが、そこにはアカデミックな理論が活かされているのです。

データサイエンティストの文章・例文

例文1.憧れのデータサイエンティストを目指すため、苦手な数学を克服したい
例文2.情報の抽出と利用を行うデータサイエンティストは多方面に通じる知識が必要である
例文3.華々しいイメージを持たれがちだが、データサイエンティストの仕事はとても地味でつらい
例文4.優秀なデータサイエンティストは、コミュニケーション能力と文章力が高いものだ
例文5.地道な積み重ねに喜びを見出だせないのなら、データサイエンティストは止めた方がいい
最近耳にする機会が増えたデータサイエンティストという職種ですが、その将来性については疑問符がつきます。専門家ではあるけれど資格が必要なわけではなく、他分野の人間が技術を身につければ同等のことができてしまうからです。また、扱いが難しいビックデータも時間経過にともない、処理が楽になっていくはず。注目度に浮かれることなく技術を磨き、資格取得など努力を重ねなければ、その地位を失うかもしれません。

データサイエンティストの類義語

データサイエンティストの類義語は現状ではありません。新しくできたばかりの職種名なため、まだ類似したものが存在しないからです。今後時代が変われば、多くの分野で似た職種が誕生するかもしれません。

データサイエンティストまとめ

解析困難なビックデータだけではなく、現代社会は様々な場面で情報の的確な分析や分類、適切な運用が求められます。データサイエンティストは、その処理能力に長けた存在として、今後ますます注目される機会が増えるはず。新しい職種なので不安定な要素もありますが、その将来性に賭けてチャレンジしてみるもいいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事