ピザを配達する男性

デリバリー(delivery)

日本には以前から「出前」という文化がありますが、近年ではこの「デリバリー」という言葉も用いられるようになり、食の宅配という文化も急速に発展してきています。これはWEBが非常に発達し、これまでのようにわざわざ店舗に行かなければいけないという流れがなくなり自宅のみで消費活動を完結する傾向が増したという背景が深く関わっています。では、この「デリバリー」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?由来や類語なども併せて解説していきます。

デリバリーの意味とは

この言葉には配達・配送という意味があります。WEBなどの発達に伴って増加傾向にある「自宅に届けてくれるサービス」の一つで、日本では主に「食事」に関する宅配サービスのことを指し、その業者や、その食品自体を指すことに限って使われています。

デリバリーの由来

もともと「デリバリー」という英語は、手紙や品物などの配達や配信、城などの明け渡し、引き渡し、分娩(ぶんべん)、出産、話し方、放出、発射、投球法、など複数の意味を持つ名詞です。しかし日本語としての使い方においては主に食事の宅配という意味に特化し、客から注文を受けて料理などの商品を短時間で自宅や会社まで届ける商売を指す言葉として使われるようになりました。

デリバリーの文章・例文

例文1.今日は家に友達が来て映画を観るからデリバリーピザでも頼むことにしよう
例文2.小さな子供がいて外食が大変なので、最近はデリバリーを活用している
例文3.デリバリー業者が増えて、食べたいものが手軽に家で食べられるようになった
例文4.長期休みになるとついつい家に引きこもり、食事もデリバリーで済ませてしまう
例文5.生活用品は通販で、食事はデリバリーで自宅に届くので、最近ではほとんど外出せずに生活することが可能になった
このように、商売形態を指す場合もあれば商品自体を指して使うことも出来ます。デリバリー業が発展することで、生活や仕事の仕方が更に多様化することが考えられます。

デリバリーの会話例

  • 質問者アイコン

    週末は親戚が来るけど、全員分の食事をうちで作るのは大変だからみんなで外食でもしようか?

  • 回答者アイコン

    それも良いけど、小さい子供もいるし今から広いお店を予約するのは難しそうだよね…

  • 質問者アイコン

    そうだね…そしたらデリバリーを取るのはどう?例えばピザとか、お寿司とか!

  • 回答者アイコン

    それは良いね!手軽に色々な料理が注文できるし、自宅なら周囲に気を使わずに子供も思い切り遊べるし。

デリバリーを活用する人によって様々な理由や背景がありますが、現代の生活において多くの人にとって欠かせない便利なサービス言えるでしょう。

デリバリーの類義語

日本語においては、デリバリーという言葉が使われ始める以前から使われていた「出前」や、「ケータリング」「仕出し」という言葉も、同じく食事の配達サービスを意味します。また商品を自宅や会社に届けてくれるサービスという意味では「宅配」「通販」も類義語と言えるでしょう。

デリバリーまとめ

生活や働き方の多様化に伴いサービスも発展してきました。近年では自分の生活スタイルに合わせて様々なサービスの選択が可能で、「デリバリー」もその選択肢の一つです。これらは今後さらに発展・多様化していく事が考えられますので、皆さんもぜひ便利に活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事