カードにデポジットする手続き

デポジット(deposit)

海外旅行によく行く方は「デポジット」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、中にはあまり聞き馴染みのない言葉だという方もいらっしゃるかもしれません。
海外だけでなく日本でもデポジットを導入しているところは多く、交通系ICカードなどはデポジットの代表例として有名です。今回は「デポジット」について詳しくご紹介をしていきます。

[adstext]
[ads]

デポジットの意味とは

「デポジット」とは、保証金や預かり金のことで、サービスや商品などを利用する際に事前に支払うもので、利用開始後に破損や何かしらのトラブルがあった場合には保証金として使用されます。
また、デポジットは現金やクレジットカードの他に、パスポートや免許証などの身分証明書を預かるところもあります。
通常、デポジットは本来の代金を支払い終えたり、サービスや商品を返却することで返金されますが、サービスや商品を利用中に万が一トラブルなどが発生した場合は保証金として用いられるため返金されないこともあります。

デポジットの由来

「デポジット」は、英語の「deposit」に由来します。意味は同様に「預かり金」や「仮納金」で、そのままカタカナ語として様々な業界で用いられる言葉です。
デポジットの具体例には
・Suicaなどの交通系ICカードの発行時
・一部のスーパーマーケットのショッピングカートを使用時
・娯楽施設などのコインロッカーの鍵
・ホテルでのチェックイン時に支払う前金
・賃貸契約時の敷金
などが挙げられます。
他にもジュースやビールの空き瓶を酒屋などの卸売業者に返却すると仕入れ時に上乗せされていた分のデポジットが返金されるというケースもあるようです。

デポジットの文章・例文

例文1.瓶ビールなどのデポジットは容器保証金制度と呼ばれることもある。
例文2.レンタカーを借りて返却期限が遅れたり、破損や汚損などが生じた場合はデポジットが保証金に用いられる。
例文3.飲食店では、突然のキャンセルによってお店側が不利益を被らないために予約時デポジットを徴収するところもある。
例文4.瓶やペットボトルなどのデポジット制度は各国で導入されている。
例文5.デポジットが含まれた代金を支払う。
国内ではあまり見かけませんが、海外のホテルではデポジットを請求することは珍しくありません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

デポジットの会話例

  • 質問者アイコン

    来週の同窓会、楽しみだね!

  • 回答者アイコン

    それがね、みんな仕事や子育てで忙しいみたいで行けなくなっちゃったみたいなの…

  • 質問者アイコン

    えぇ!?そんなあ!!もうお店のコース料理予約しちゃったよ…デポジットも支払ったのに…

  • 回答者アイコン

    あら、そうだったの!?デポジットのお金はみんなから徴収しとくわね。

万が一のための保証金として導入している店舗も少なくないようです。

デポジットの類義語

「デポジット」と関連する言葉には「ギャランティ」「インシュアランス」などがあります。

デポジットまとめ

今回は「デポジット」という言葉について詳しくご紹介しました。
一見、余分に多く払っているような気がしてしまいますが、きちんと支払いをする証明のために、一時的に多く徴収されており、大半の場合は本支払い時やサービスや商品の返却時にデポジット分の料金が返金されるので、ご安心ください。
また、海外ではホテルやレンタカーなどデポジットを払う機会が日本よりも多いことがあるため、仕組みを十分に理解しておくことが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事