デコードをして作業する

デコード(decord)

今日、動画配信サービスが多く存在し、月額の料金を払えば多くの動画を視聴することができます。また、Youtubeやインスタグラムなどでも簡単に自分で撮った動画をアップして共有することができますね。今回は、そんな動画を編集するときに使われるデコードについて紹介していきたいと思います。

デコードの意味とは

デコードとは、一定の法則や規則に基づいて変換されたデータを復元する操作のことです。操作内容としてはエンコードの逆方向の操作を行います。

デコードの由来

デコードは、英単語の(decode)に由来しています。

デコードの文章・例文

例文1.送られてきた動画を編集するためにデコードをする
例文2.エンコードされた動画を再び編集再生するためにデコードを行う
例文3.圧縮された動画ファイルをデコードして編集する
例文4.変換されたデータをデコードして復元する
例文5.デコードをして元のデータを復元して、動画編集に取り掛かる

デコードの会話例

    今日、多くの動画を目にすることが多くなりました。広告にも動画が使われることが多くなっていて電車の中でもデジタルサイネージを目にするようになりましたね。なのでデコードについて覚えておくとよいでしょう。

  • 質問者アイコン

    今編集している動画があるんだけど、どうもいい感じに仕上がらなくてね。さっきエンコードしたものがあるから手伝ってくれないかい?

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。わかったよ。動画を送っておくれよ。デコードして編集をするからさ

  • 質問者アイコン

    ほんと君にはいつも助けてもらってばかりだね。君の編集はどれも素晴らしいからね

  • 回答者アイコン

    当たり前だよ。だって僕は映画監督になるのが夢だからさ。これくらいの編集はできなきゃやってられないよ

デコードは、動画編集をしていれば多くの場面で聞く言葉だと思います。ぜひ覚えておくとよいでしょう。

デコードの関連語

デコードの関連語としては「エンコード」があげられます。

デコードまとめ

動画にも色々な形式があってそれらを一枚一枚画像として解析し、編集を可能とするためにデコードという作業は存在します。動画をエンコードしないままだと動画ファイルはとても重いので、処理が遅いデバイスでは再生することもままならない状態になってしまうからです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事