ディレクション(direction)

「ディレクション」には様々な意味がありますが、「指導」や「管理」などという意味で用いられることが多い言葉です。ビジネスでよく用いられますが、テレビの制作現場などでも用いられるイメージがあると思います。今回は「ディレクション」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

ディレクションの意味とは

「ディレクション」の意味は以下の通りです。
・指導、管理
・監督
・演出、指揮
・方角、方向
・傾向、目的
・運営
「ディレクション」には様々な意味があり、場面によって様々な使い方があります。

ディレクションの由来

「ディレクション」は、英語で方向、指示、命令などという意味の「direction」が語源となっています。イギリスの英語では「ダイレクション」と読まれますが、日本語では「ディレクション」と使われます。映画などの制作における指導や管理を行う仕事に「ディレクター」というものがありますが、そこから派生したといも言われています。

ディレクションの文章・例文

例文1.映画の製作現場をディレクションする。
例文2.デザイナーに仕事をディレクションする。
例文3.登山の時はディレクションを誤らないよう方位磁石を常備しておく。
例文4.年に1度のイベントのディレクションを行う。
例文5.案件のディレクションを担当する。
「ディレクション」についての例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ディレクションの会話例

  • 質問者アイコン

    所属する劇団の講演のディレクションをようやく任されたから、今度見に来てよ。

  • 回答者アイコン

    それはすごいね。講演いつなの?

  • 質問者アイコン

    今年の年末だよ。

  • 回答者アイコン

    それは楽しみだね。予定空けておくね。

演劇の講演について話している様子です。劇団のディレクターになるにも、長い経験や知識が必要みたいですね。

ディレクションの類義語

「ディレクション」の類義語は、「プロデュース」や「マネジメント」などがあげられます。

ディレクションまとめ

「ディレクション」とは、指導や管理の他、方向方角や運営など、様々の意味を持つ言葉でした。テレビ番組や映画の製作でよく聞くことも多いと思いますが、その他にも意味があり、よくビジネス面で用いられるので、これを機に覚えておくと良いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事