テロリズムを撲滅する

テロリズム(terrorism)

近年、諸外国は大勢の一般市民を巻き込んだ大量虐殺、すなわち「テロリズム」行為が多発している。様々な理由によって、様々な手法でこの行為が行われていることもあり、今一度「テロリズム(テロ)」とはなんなのか?言葉の意味から解説をしていきたいと思います。

テロリストの意味とは

テロリズムとは政治的思想を実現するるために、暴力を用いる行為のことを指します。日本語ではテロリズムを略して「テロ」と呼ぶことが多く、この行為を実施する者を「テロリスト(terrorist)」と呼びます。
外国では、爆弾や銃器を使ったテロ行為が過去何度も行われています。

テロリズムの由来

この言葉は、元々はラテン語で恐怖を意味する「terror」や「terreo」からきていると言われています。さらに遡ると、震えるを意味する「ter-」が語根だと言われていますが、実際にこの言葉が政治目的の暴力手段の言葉として用いられるようになったのは、フランス革命以降のことなので、直接的にはフランス語の「Terreur(テルール)」が語源になります。

テロリズムの文章・例文

例文1.またヨーロッパでテロが起こったらしい
例文2.大勢の人を巻き込むようなテロリズムはなくなってほしい
例文3.テロを企てるような者を決して許してはいけない
例文4.テロはなんで起こるんだろう
例文5.テロリズムがなくなるために、私はできることをしたい
日本では「テロ」の略称で呼ぶことが多いため、例文にもテロで表記をしていますが、テロもテロリズムも同じ者を表しています。次に会話での使い方も解説していきます。

テロリズムの会話例

  • 質問者アイコン

    またヨーロッパで爆弾テロが起こったらしいよ。

  • 回答者アイコン

    最近よく聞きますね。
    なんでそういうテロリズムが起こるんですかね。

  • 質問者アイコン

    政治的思想の食い違いが原因とわ言われるけど、実際はわからないよね。

  • 回答者アイコン

    関係ない人も巻き込まれているし、そんなやり方は絶対に間違ってます。

会話例のように、実際にニューズでもよく見ることなので、会話の中で使うことも多いと思います。

テロリズムの類義語

テロリズムという言葉自体の類義語はなかなかありませんが、実行者であるテロリストを現行政権の反対派と捉えるなら「反政府勢力」「反乱軍」「過激派」といったような言葉で置き換えて呼ぶことがあります。

テロリズムまとめ

実際にテロリズムは、日本以外の諸外国ではニューズでも頻繁にみかけるほど頻発しています。日本国内では諸外国のような過激なテロ行為はあまり聞き馴染みがありませんが、身近に起こってもおかしくないものとして、警戒はした方がいいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事