テラフォーミングが計画されている惑星

テラフォーミング(Terraforming)

皆さんはもし火星に住めるとしたら住みますか?または行きたいですか?2011年に地球の人口はついに70億人を突破し、今のペースで人口が増え続けた場合、2030年代には80億人、2050年代には90億人に到達するという予測がされています。爆発的人口増加の結果にはさまざまな弊害が起こることが予想され、食糧や水不足、温暖化の加速など、このままでは地球にさらなる負担をかけることは間違いないだろうとされています。その時鍵となるのが「テラフォーミング」なんです。これからその「テラフォーミング」について説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

テラフォーミングの意味とは

テラフォーミングとは地球化、惑星改造という意味です。
他の惑星を人工的に地球のような環境にしようという試みの事で、1961年天文学者のカール・セーガンが発表した金星の環境改造計画に関する論文から、世界的に本格的な研究が始まったとされています。テラフォーミングの研究をするということは地球環境の研究でもあり、地球の環境破壊の問題解決にも大いに活用出来ると考えられているので、今でも話題に取り上げられています。セーガンは地球とほぼ同じ大きさの金星をテラフォーミングする対象として選びましたが、後の研究により金星の表面温度が平均470℃とかなりの高温で、液体の水も存在しないため、関心は火星に移りました。火星の場合自転周期が地球とほぼ同じ24時間40分で、自転軸が公転面に対して約25度で地球では約24度とほぼ同じなので、地球と同じような季節があるのです。今でもスティーブ・ジョブズを超える天才と言われているテスラやスペースXのCEOとしても有名なイーロン・マスク氏が火星移住計画を唱えており、2019年3月3日に、スペースX社の宇宙船が国際宇宙ステーションへのドッキングに成功した事で、マスク氏は自身のツイッターでも2019年3月26日に「5年後に取り掛かって、軌道同期を10回も利用すれば、2050年までには自給自足できる都市を火星に建設できる」と書いています。火星移住と言う事はまさにテラフォーミングが出来るかどうかが鍵になってきます。

テラフォーミング の由来

テラフォーミングの由来は、米国のSF作家のジャック・ウイリアムスンがCollision Orbit(コリジョン・オービット)シリーズで用いた造語です。

テラフォーミングの文章・例文

例文1.テラフォーミング出来れば他の惑星に移住出来る。
例文2.テラフォーミングの研究は今でもされている。
例文3.テラフォーミングする惑星はどこがいいのであろうか。
例文4.火星をテラフォーミングする。
例文5.テラフォーミングの研究は地球の環境問題解決にも繋がる。
今後もテラフォーミングの研究が進んでいくと火星移住出来るようになる時がくるかもしれませんね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

テラフォーミングの会話例

  • 質問者アイコン

    もしかしたら火星移住出来るようになる時がくるかもしれないんだって。

  • 回答者アイコン

    そんなの絶対無理に決まってるよー!

  • 質問者アイコン

    実際に民間企業のスペースX社がかなりコストを抑えて宇宙船の開発に成功したんだよ、2050年までに火星に都市を建設出来るってCEOの人が言ってるんだよ!

  • 回答者アイコン

    宇宙船の研究って進んでるのね!テラフォーミング出来るかがこれからの課題になってくるかもね。

本当に2050年に火星に都市ができて人が住めるようになっているのか楽しみですね。

テラフォーミングの類義語

テラフォーミングの類義語は「地球化」「惑星改造」などがあります。

テラフォーミングまとめ

地球外の惑星に住むための研究が、自分たちの住んでいるこの地球のための研究でもあるんですね、また今のAIの技術など使ってテラフォーミングなどの研究が進んでいくことにも期待してしまいますね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事