テストステロン(Testosterone)

テストステロンとは男性ホルモンを言い換えたもので、物質名で言えばアンドロゲンというものです。最近の筋トレブームによってテストステロンというワードをよく聞くようになったかと思います。なんとなく男性ホルモンのことでしょというところまでは知っていても、そのホルモンの役割まで知っているという人はそう多くありません。そこで今回は、テストステロンについて解説します。

[adstext]
[ads]

テストステロンの意味とは

テストステロンとは、男性ホルモンと言われるアンドロゲンという物質です。テストステロンは骨や筋肉の健康、またポジティブな精神を維持する上で非常に重要なホルモンだと言われています。「男性」ホルモンという名前ですが、女性の体内でもわずかに分泌されるもので、量で言えば男性の5から10%ほどだと言われています。このテストステロンの材料となるのはコレステロールです。コレステロールが豊富な食材といえば卵ですが、卵が「元気になる食材」と言われる理由の一つがまさにこのテストステロン値を上昇させる効果です。

テストステロンの由来

「testis(精巣)」から分泌されるステロイドホルモンということから、テストステロンと言われているという説があります。

テストステロンの文章・例文

例文1.彼はテストステロン値が高く毎日エネルギッシュだ。
例文2.父は職場でのストレスの影響でテストステロン値が下がってしまった。
例文3.テストステロン値が高い彼はメキメキと筋トレの成果を出していった。
例文4.弟は集中力が低くテストステロン値の低下が疑われる。
例文5.テストステロンの抗うつ作用は馬鹿には出来ない。
女性にも少しではありますがテストステロンの分泌がありますので、筋トレをすると少しは筋肉が付くんですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

テストステロンの会話例

  • 質問者アイコン

    テストステロン値を高めるために毎日筋トレするよ!

  • 回答者アイコン

    残念!毎日のハードなトレーニングはコルチゾルっていうストレスホルモンが溜まってテストステロンを減らすんだよ!

  • 質問者アイコン

    そうなんだ!じゃあ週4回ぐらいで様子を見てみるよ。

  • 回答者アイコン

    そうしてみて。脂もある程度はしっかり摂るんだよ!

テストステロン値を上げると意気込む男性と、冷静にアドバイスをあげる女性の会話です。

テストステロンの類義語

テストステロンの類義語には「男性ホルモン」「コルチゾル(コルチゾール)」「エストロゲン」などがあります。

テストステロンまとめ

テストステロンは男性ホルモン(アンドロゲン)の事を言います。男性だけでなく女性の体内でも僅かですか分泌されます。主な役割としては骨格筋の維持やメンタルの安定作用です。材料となるコレステロールは卵からも簡単に摂ることが出来るので、是非毎日の食事に取り入れてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事