ティール組織

会社でマネージメント系の職種についている方、部下の扱い方が難しい…と悩んでいる方におすすめしたいのが、ティール組織という考え方です。今までにない未来的な組織と評価されているティール組織とは、一体どのような集団のことを示しているのでしょうか。マネージメントの概念を大きく覆すティール組織について、見ていきたいと思います。

ティール組織の意味とは

ティール組織のティールには「進化した」という意味があります。つまり従来の閉鎖的な企業概念を大きく飛び越えた、逸脱した存在がティール組織。ティール組織はこれからの企業の体制について唱えた理論で、その中心は「上司と部下・企業の売り上げ目標」といったこれまでの概念を一切無視したもの。肩書きを利用して幹部や上司が、下の従業員に対してパワハラをおこなうことや、不可解な難題を与えないことを定義づけています。1人1人のビジネスマンが常に情報をまつ受け身の立場ではなく、みずから積極的に動くことができたときに、はじめて企業としての価値が高まる…と述べているのです。日本古来のマネージメント力や組織論とは180度も異なる、海外ならではのアイデアが随所に込められています。

ティール組織の由来

ティール組織という言葉が生まれたのは、同名の書籍のネーミングに由来しています。名づけ親といわれるのが、書籍・ティール組織を執筆したフレデリック・ラルー氏です。フレデリック氏は大手企業の企業改革などのポストに就任したのち、ティール組織という書籍を発売。こちらはビジネス本の中でも、世界的なベストセラーとなっています。ヒットが少ないといわれる日本の書籍業界の中でも、毎月ランクインしているのがティール組織。新しい企業はどうあるべきなのか多くの経営者が模索を続けるなか、これまでの常識を覆すティール組織は大きなアンサーを出してくれています。

ティール組織の文章・例文

例文1.未来的な企業を作りたいなら、ティール組織を参考にすることだ
例文2.ティール組織にヒントを得て、社内の構造改革をおこなった
例文3.ティール組織が蔓延すれば、パワハラの無い世の中になる
例文4.ティール組織を導入して、実際に成功を収めた企業も多い
例文5.日本の企業には、ティール組織に否定的な意見をもつ役員も多い
マネージメントや経営を学ぶ上で知っておきたい、ティール組織。ティール組織の概念を柔軟に取り入れることで、今後風とおしのよい企業運営が可能になりそうです。

ティール組織の類義語

ティール組織の類義語としてあげられるのが、未来型組織・進化型組織です。ティール組織というキーワードがこれまでにない概念を表現したフレーズのため、似たような言葉を探すのは現時点では困難かもしれません。反対の言葉としては、恐怖型の組織・衝動型の組織などがあります。

ティール組織まとめ

企業や政府の色々な問題が明るみに出る昨今、まったく新しいマネージメント論として脚光を浴びているのがティール組織です。これまでの上司と部下の高圧的な関係や、実績重視の企業体質を大きく塗り替えるのがティール組織の論理です。すべてのスタッフが個として輝くようになるには、何が大切なのか…そのベースとなる真髄を教えてくれています。数字や実績に追われるあまり疲弊していく経済界に一石を投げかけている、目からウロコの進化論です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事