チャットボットを使って会話をする

チャットボット(chatbot)

チャットボットはこれからの時代の働き方や仕事の効率化という面で非常に重要だ物です。この様にサービスを自動化していくことで利益を飛躍的に伸ばしている企業もたくさんあります。この機会にどういう物なのか知っていきましょう。

[adstext]
[ads]

チャットボットの意味とは

チャットボットは、ロボットの「bot」とリアルタイム会話の「チャット」を組み合わせてできた言葉です。チャット上で人間が問いかけた内容に自動で返信するプログラムで、主に2種類あり人口無能型、人工知能型があります。人口無能型は「ルールベース型」とも「シナリオ型」とも言われ、人間が予め設定しておくことでできています。人工知能型とはAIを駆使した機械学習型のチャットボットで、人間が予め設定しておくことは一緒なのですが自由に文章を入力して回答が返ってくるという違いがあります。

チャットボットの由来

チャットボットは、2011年、上記で紹介した人間の音声に対して回答をする「Siri」が当時の最新機種「iPhone 4s」に搭載されたことをきっかけに注目を集めました。

チャットボットの文章・例文

例文1.チャットボットはカスタマーサポートを自動化することができる。
例文2.チャットボットは業務システムを簡単にすることができます。
例文3.導入までに手間や時間がかかるのがチャットボットのデメリットである。
例文4.チャットボットは営業でも使われえ始めている。
例文5.予約受付はチャットボットの得意分野だろう。
今まで人間がやっていた面倒なことを自動化することができればとても便利ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

チャットボットの会話例

  • 質問者アイコン

    うちの会社の営業にチャットボットを導入しようと思っているんだよ。

  • 回答者アイコン

    とても名案だと思います。うちの会社のサービスにぴったりです。

  • 質問者アイコン

    やっぱりそう思うよね早速話を進めてみるよ。

  • 回答者アイコン

    チャットボットができたら業務の効率も格段に上がるだろうな。

無駄な業務が減って違うことに時間を費やせればさらに会社としてはプラスですね。

チャットボットの類義語

チャットボットの関連語には、「人口無能型」「人工知能型」「機械学習型」などがあります。

チャットボットまとめ

これらから分かる様に、チャットボットを含む人工知能型(AI)もまだまだ発展途上の段階ですが、さらなる発展の中で更に生活に密着するものとなり、生活がより良いものになっていく可能性も秘めているので、注視してみていくのもいいかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事