チバニアンが天然記念物に指定された

チバニアン(ちばにあん)

チバニアンとは、地質年代区分期間の一つで約78.1万年前から12.6万年前までの期間のことです。チバニアンという言葉は、千葉県市原市にある地層が地球の磁場が逆転したその当時の地質年代区分のポイントになったことが話題を呼び、広く知られることとなりました。国の天然記念物に登録されてもいるので、気になった人は実際に見てみるのもいいと思います。また『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」』でも10位に選ばれています。今回は、そんなチバニアンについて使い方、由来など合わせて見ていきます。

[adstext]
[ads]

チバニアンの意味とは

チバニアン意味は、地質年代区分期間の一つで78.1万年前から12.6万年前までの期間のことです。チバニアンは、新生代の第四紀の更新世にあたります。国際地質科学連合国際地質序委員会によって2020年1月に決定されました。

チバニアンの由来

チバニアンの由来は、その名からも容易に想像はつくと思いますが、「千葉」にあります。千葉の時代をラテン語で表すと「チバニアン」にあたります。そのことからチバニアンと命名するよう国際学会に申請し、そう呼ばれるようになりました。

チバニアンの文章・例文

例文1.チバニアンという時代が存在した証明としての地層が千葉県市原市にある。
例文2.地球史に刻まれたチバニアンは、とても素晴らしいことである。
例文3.千葉県市原市の地層からは、チバニアンの当時の環境や生物を知ることができる。
例文4.チバニアンというはるか昔の時代を知ることができるこの地層はとても貴重な資料である。
例文5.チバニアンは、地質年代区分の一つである。
これらからチバニアンという言葉は、地層のことについて関連付けて使われることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

チバニアンの会話例

  • 質問者アイコン

    今年の1月に千葉県市原市の地層がチバニアンとして時代名に決定されたね。

  • 回答者アイコン

    そうだったね。チバニアンの生物の化石などがもしかしたら見れるかもしれないし、市原市の地層を見に行ってみたいものだね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。国の天然記念物にもなってるくらいだし。

  • 回答者アイコン

    うん。機会があれば、今度行ってみよう。

チバニアンという時代名が決定された話しをしています。

チバニアンの類義語

チバニアンの類義語には、「地質年代」「ジュラ紀」「白亜紀」「地層」などがあります。

チバニアンまとめ

大きなニュースになるほどチバニアンは、話題を集めました。ですからみなさんも耳にすることがあるかもしれません。是非覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事