商品購入前に成分を確認するチェックシューマーの様子

チェックシューマー(ちぇっくしゅーまー)

皆さんはチェックシューマー(Checksumer)という言葉をご存知ですか?皆さんは何かの製品を購入する際にどういった方法で製品を購入しているのでしょうか?事前にその製品の情報やデータををよく調べたり、実際に体験してみたりして購入している方が多いのではないでしょうか。もしくはあまり気にせず、購入している方も多いと思います。
今回はそのチェックシューマーという言葉の使い方や由来について詳しく解説していきます。

チェックシューマーの意味とは

チェックシューマーとは check(確認する)と Consumer(消費者)の合成語で、製品を購入する際に事前にその製品の機能や性能、または成分や原材料などのことを細かくチェックし、比較して購入する消費者のことを指します。
現在、様々な業界がたくさんの製品を世の中に出しています。その中、消費者は信頼できない製品に対してのフォビア(恐怖症)が出始まり、消費者たちはその製品が安全で信頼できるか確認をした後に購入するようになりました。
その結果、様々な業界は消費者が賢明な消費をし満足できるよう、マーケティングや品質向上、革新的な製品の開発に取り組んでいます。
このような動きは消費者のトレンドに敏感に作用したことであり、チェックシューマーの増加は業界の持続可能性にも影響を与えることにみられ、今後様々な業界のマーケティング戦略がどういうふうに変化していくかにも注目されます。

チェックシューマーの由来

Check(チェック)と Consumer(消費者)
の合成語。賢明な消費をするため、作られた言葉。

チェックシューマーの文章・例文

例文1.賢明な消費者、チェックシューマーの攻略!
例文2.新しい消費トレンド、チェックシューマー!
例文3.「体に悪いのは使いません!」チェックシューマーの習慣!
例文4.チェックシューマーのお買い物コツ!
例文5.チェックシューマー習慣!
消費者は安全なお買い物ができ、業界は製品に対し、信頼を得るようになりそうですね。

チェックシューマーの会話例

  • 質問者アイコン

    Aさんはお買い物する時にどいうところ気にして購入してますか?

  • 回答者アイコン

    私はね、その製品が安全なのか信頼できるかを確認するために、その製品の性能や機能などを考慮して買ってるよ!

  • 質問者アイコン

    製品の成分や原材料などをチェックして購入するチェックシューマーなんですね!

  • 回答者アイコン

    そう!常に細かくチェックして製品を購入するチェックシューマーの習慣を持つようにしてるね!

お買い物だけではなく、物事をしっかりとチェックし行動に移すチェックシューマーになってみるのはいかがでしょうか。

チェックシューマーの類義語

チェックシューマーの類義語では Check Consumer や調査消費者などがございます。

チェックシューマーまとめ

安全で信頼できる製品を購入するようなチェックシューマーが新しい消費トレンドになっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事