ダウ平均株価

日経平均のアメリカ版が「ダウ平均株価」となります。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが代表的な業種から打ち出した株価指数で、別名「ダウ平均」や「NYダウ」や「ダウ」、または「ダウ工業株30種」と呼ばれています。様々な媒体によって、これらが不規則に使われ混乱しますが、どれも大筋では同じ事を意味しています。ダウ平均株価は、世界経済の中心であるアメリカの最重要株価指数となるので、好況と不況の判断をする際の重要な役目を担っています。

ダウ平均株価の意味とは

アメリカの株式市場で、最も歴史ある株価指数が「ダウ平均株価」で、その中でも「ダウ工業株30種」が代表となります。他にも、「ダウ公共株平均」などもありますが、世界経済における重要度や認知度では「ダウ公共株平均」が突出しています。

現在、ダウ平均株価(ダウ工業株30種)に採用されている銘柄(企業)は、アップル、アメリカンエキスプレス、ボーイング、ディズニー、インテル、ナイキなど世界を代表する優良企業ばかり30社が名を連ねています。
因みにナスダックは、主にベンチャー企業が中心となりますが、マイクロソフトやグーグル、日本からも任天堂や日産、三井物産など錚々たる大企業が上場をしています。
ダウ平均に為替の米ドル、さらに原油のチャート動きをチェックするだけで、世界経済を理解したと言っても過言ではない重要な株価指数で、日経平均が連動する事はニュースなどからも伝えられていますが、途上国や米国と関係深い国々も日本と同等やそれ以上に影響を受けてしまいます。

ダウ平均株価の由来

1882年に証券アナリストのチャールズ・ダウ氏、エドワード・ジョーンズ氏など三人が、経済雑誌「ウォールストリート・ジャーナル」を立ち上げ、1896年に「ダウ平均」となる「ダウ・ジョーンズ工業平均株価」を作り上げ、それを経済の指標として活用され始められる。

ダウ平均株価の文章・例文

例文1.前日はダウ平均株価が暴落したので本日の日経も下落すると予想
例文2.ダウ平均株価が今年は乱高下を繰り返す
例文3.米ドルとダウ平均株価の値動きの関連性
例文4.ダウ平均株価は世界経済に影響を与える
例文5.ダウ平均株価の構成銘柄は世界の大企業ばかりであるダウ平均株価の類義語

ダウ平均株価の類義語には、「日経平均」「米国株」「米国株価指数」「日経225」などの言葉が挙げられます。

ダウ平均株価まとめ

アメリカだけでなく、世界経済を示す指標であり平均株価指数が「ダウ平均株価」となります。採用銘柄は世界的に有名な大企業ばかりで、これらが景気不安定になると、世界に波及するのが現在の流れです。
だからこそ、ダウ価格が上昇するなら、日経平均だけでなく各国の株価指数も何れ上がると予想する事もできます。しかし、時には上がらない事もあるので、参考程度に留めるのが無難です。
日本からでもCFDを扱う業者に口座を開設すれば、ダウ平均やナスダックに投資ができるようになり、投資チャンスが増えるのも事実です。

この記事を読んでいる人に人気の記事