女性陣からタレコミが入る

タレコミ(たれこみ)

最近刑事ドラマなどでもよく耳にする「タレコミ」ですが、皆さんも一度は聞いた事があるのではないでしょうか。最近では人気な刑事ドラマや探偵ドラマなどによって聞く機会が増えていると思います。一体タレコミとはなんなのでしょうか。それでは見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

タレコミの意味とは

タレコミとは、警察やマスコミなどの機関に密かに悪事の情報や犯罪や不正行為の情報を教える事を言います。タレコミと聞いて良い印象を受けない人も多いでしょうが、そのようなタレコミが事件解決の糸口になっていることも事実です。今はネット社会なので一般の人がネットを通じてタレコミをすることもあります。しかしそのような場合はその情報の信憑性が重要となります。でなければ冤罪などの原因になってしまいますから、そこは十分に注意しなくてはいけないところです。

タレコミの由来

タレコミとはもともと、「垂れ込み」が語源になります。情報などが水のように垂れ込むところからこの言葉ができたとされています。もともとは警察やマスコミなどの情報機関で使われていた言葉ですが、刑事や探偵ドラマの人気の影響で一般的にも使われるようになりました。

タレコミの文章・例文

例文1.目撃者のタレコミにより犯人が捕まった。
例文2.会社内部のタレコミで会社の不正が明らかとなった。
例文3.芸能人の悪事を一般人がタレコミする。
例文4.タレコミの原因は恨みによる裏切りであろう。
例文5.政治家の悪事がタレコミによって暴かれる。
垂れ込みをされるような事をしない事が一番良いですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

タレコミの会話例

  • 質問者アイコン

    この前政治家が不正なお金を渡していたことをタレコミされていたね。

  • 回答者アイコン

    どうして政治の世界はいつの時代もそのような事が起きるんだろうね。

  • 質問者アイコン

    そもそも資金を集めないと選挙に勝てないと言う仕組み自体に問題があるのかもしれないね。

  • 回答者アイコン

    古いやり方を改革するためにももっと若い政治家が増えた方がもっと斬新なアイデアが出そうな気がするよね。

政治の悪事のタレコミはニュースでもよく見かけますね。

タレコミの類義語

タレコミの類義語には、「密告」「内部告発」「言いつけ」「内部告発」「ちくり」などがあります。

タレコミまとめ

タレコミによって悪事が暴かれニュースになっていることは多々ありますが、垂れ込まれるような事をしないことはまず大事なことですね悪い事をしても必ずそれに気づいたりみた人が出てくるので、大抵の犯罪者は捕まるのでしょう。ルールに従って行動し人に迷惑をかけないようにする事が大事な事でしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事