タックスヘイブンを使って節税する

タックスヘイブン(tax haven)

皆さんは「タックスヘイブン」という言葉を聞いた事はありますか?実はこの言葉、関係ないようでかなり皆さんの生活には影響がある言葉なんです。知っているだけでも今後の人生の選択肢がだいぶ変わる事になるので、是非この機会に意味を覚えていってください。

タックスヘイブンの意味とは

それでは先ずタックスヘイブンとはどんな意味なのか見ていきましょう。辞書的な意味合いでいくと「一定の課税が著しく、もしくは完全に免除される国や地域」の事を指します。つまり、一言で言うなら、他の国や地域に比べて税金が安いですよという事です。もう気づいた方は気づいたかと思いますが、私たちの生活にも大いに影響がある事が分かります。例えば、現在日本の消費税は8%ですが、仮に3%の国があったとします。すると、例えば月10万円の家賃でアパートを借りているとした場合に、日本では月々108,000円支払う必要がありますが、3%の国では103,000円の支払いで済みます。1ヶ月だけだとピンとこないかもしれないですが、通常契約は2年更新の事が多いため、それに合わせるとなんと12万円も金額が異なります。同じサービスを利用しているにも関わらず12万円も得をするか、損をするかという違いなのです。しかし、一般的にタックスヘイブンは消費税などの一般消費者向けではなく、法人税などの企業活動にかかる税に適用されます。それではなぜ、私たちの生活にも関わるのでしょうか?その理由を次に述べていきます。

タックスヘイブンの由来

元々は経済的にまだまだ未開発な国や地域が自国の発展のために、他の国や地域に比べて税率を安くすることで企業誘致をもくろんだ取り組みです。しかし、現在はどちらかと言うとそれによって弊害が多く出ています。企業が移入した先では雇用が生まれたり、産業が盛り上がる事になりそうですが、実際には本社機能のほんの一部だけを移転し、会計上の操作をする事で税金を逃れるだけの企業がIT会社を筆頭に増えてしまったからです。先ほどどれだけ影響が大きいか数値を用いて示しましたが、これが企業活動となると規模が桁違いです。そして、それはつまり国や地域に入る税金の総額が減るという事を意味します。これは国という体制を考えた時に決して無視する事が出来ない問題です。なぜなら公共施設を中心に私たちの身の回りには国の税金によって成り立っているものがごまんとあるからです。

タックスヘイブンの文章・例文

例文1.タックスヘイブンを用いて各国・各地域が自国の経済発展を狙っている
例文2.タックスヘイブンを悪用している企業が多く見受けられる
例文3.企業活動で動く金額はあまりにも大きいため、タックスヘイブンによる影響は莫大な金額になる
例文4.タックスヘイブンによって自国発の企業を失った国は多い
例文5.タックスヘイブンは企業にとっては有利に働くが企業が移出してしまった国にとっては大きな痛手となる
タックスヘイブンの問題は世界的に見て、大きな問題となっており、有利に課税がされる地域へ移動する事により、本来の収益を損ねて社会インフラが脆弱になる可能性もありますから、過度な節税が招く問題は大きいと言えるでしょう。

タックスヘイブンの類義語

タックスヘイブンはその他に、「素材回避地」「低課税地域」などと呼ばれる事があります。

タックスヘイブンまとめ

いかがでしたでしょうか?タックスヘイブンは皆さんの生活にも大きく影響が及ぼされる事はご理解頂けたかと思います。場合によっては国を代表する企業がいなくなることを意味しますので、あまりに大きな痛手です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事