終わったタスクにチェックをつける

タスク(task)

仕事をしている方ならあらゆる場面で「タスク」という言葉を聞くと思います。基本的にはITやビジネスの現場で使われることが多いようなイメージですが、実際にはどうなんでしょうか、意味や使い方など解説していきます。

タスクの意味

タスクという言葉には「課された仕事」や「果たすべき作業」「課題」などの意味があります。他にも「コンピューターで行う作業の1つの単位」という意味も持っています。日本語で言えば一つの仕事、任されている仕事を一つの単位として呼ばれています。持っているタスク数が多いというのは、その人に任されているやるべき仕事が何件もあるという意味になります。

タスクの由来

タスクというのは元々は英語の「task」からきています。意味は「任務」や「課されている仕事」となります。それが今の日本ではかなり使いやすくわかりやすいとされ浸透していきました。

タスクの文章・例文

例文1.私の上司はタスクを振るのが下手なので仕事量や時間が人によってバラバラだ
例文2.昨日言われたタスクがまだいくつか残っているので午前中に一つ片付けるのが目標だ
例文3.タスク管理がうまい上司につくと驚くほど残業が激減した
例文4.まだn湯者したばかりなので振られたタスクが簡単で少ない
例文5.複数の仕事を同時進行で行うことをマルチタスクという
ビジネスのシーンで使われることが多いが、「やるべきこと」という意味でメモやゲーム内の用語として使用する場合があります。

タスクの会話例

  • 質問者アイコン

    さっきメールで送ったタスク3件、月末までにやっておいてね。

  • 回答者アイコン

    はい、かしこまりました。
    あの、今まだ2件終わってないタスクがあるのでこの最後の1件は別の人に頼めないでしょうか?

  • 質問者アイコン

    そっか、結構大変なタスクが多いもんな、わかった他の人に頼むわ。

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます。他のは月末までに終わらせます。

タスクについての会話はこのようになります。

タスクの類義語

タスクの類義語には「課題」や「任務」「仕事」という言葉が挙げられます。

タスクまとめ

主にビジネス、ITの現場で何気なく使われるタスクという言葉、初めて聞いた人は少々理解するのに時間がかかりますが聞き慣れてくると自然と「タスク一件やっておいて」や「今日のタスクは終わりました」など自然と言えるようになっているはずです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事