ソーシャルワーカーの意味を理解する

ソーシャルワーカー(Social Worker)

「ソーシャルワーカー」という言葉は、TV番組やニュース、新聞記事等において最近特に耳にすることが多くなりました。しかし、ソーシャルワーカーとは具体的にどういったものを指すのかは、あまりはっきり認識していない人も多いかと思います。ここではソーシャルワーカーの意味や類義語等について説明していきます。

ソーシャルワーカーの意味とは

ソーシャルワーカーは英語では「Social Worker」と表記します。直訳すると「社会的な労働者」という意味になりますが、具体的には社会福祉士と精神保健福祉士として従事する人を表しています。なお、それらの資格を保有していない場合でも、社会福祉事業に携わる人ソーシャルワーカーと呼ぶこともあります。ソーシャルワーカーの仕事内容は、病気やケガ、経済的な理由により生活に困難を抱える人や、社会生活において不安を持つ人などの問題解決を支援することです。ソーシャルワーカーの就業場所は、病院や保健所、自治体や民間企業等さまざまです。

ソーシャルワーカーの由来

ソーシャルワーカーはソーシャルワーク(社会福祉援助技術)に携わる人を指しますが、ソーシャルワークは19世紀末にイギリスで始まった慈善活動が起源とされています。

ソーシャルワーカーの文章・例文

例文1.ソーシャルワーカーになるために福祉系の学部に入学した。
例文2.ソーシャルワーカーの援助により、生活上の不安が払拭された。
例文3.あの病院にはソーシャルワーカーが在籍している。
例文4.ソーシャルワーカーになって、困っている人々の助けになりたい。
例文5.慈善活動を通してソーシャルワーカーと知り合いになった。
福祉に携わる人がますます必要とされている現代において、今後ソーシャルワーカーという言葉を口にしたり耳にする機会はますます増えるかもしれません。

ソーシャルワーカーの類義語

類義語には社会福祉士、社会奉仕家、民生委員、福祉従事者などがあります。但し法律上の定義では、既に書いたように社会福祉士または精神保健福祉士といった国家資格を持つ人を指します。

ソーシャルワーカーまとめ

ソーシャルワーカーという職業は、今はあまり馴染みがないという方でも、自分自身や家族が病気やケガをした場合、将来介護が必要になったときには関わりが出てくるかもしれません。超高齢社会と言われている現代の日本においては、ますますソーシャルワーカーの需要は高まるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事